これは私の友達家族の体験した赤ちゃん人形のお話です。そこの家は 夫Tさん 妻Aさん 娘Mちゃんの3人家族でした。そこの家でリサイクルに売ってあった3才児くらいの大きさの赤ちゃん人形がありました。その赤ちゃん人形を購入してから1ヶ月くらいしてから異変が起きました。その人形はいつもリビングに置いてありました。まず妻Aさんが娘Mちゃんを学校に迎えに行く時間になったので夫Tさんも仕事に行っていたので、家のカギを閉めて迎えに行ったのですが、迎えが終わって家に着くと、玄関に人形が寝転がっていました。家を出る前は人形がリビングにあったのに、そのあとあることで妻Aさんと夫Tさんが夫婦喧嘩をしてしまい、夫Tさんがイライラして、人形の右手右足を蹴飛ばしてしまいました。そのあと夫婦は仲直りしたのですが、その次の日妻Aさんのケータイに病院から電話がかかってきて、夫Tさんが仕事中の事故にあって病院に運ばれたから病院に来てくださいと言われ、病院に行くと、夫Tさんが人形の蹴飛ばしたところと同じ右手右足を複雑骨折し、さらには腰と足首太ももの骨も骨折し、歩けなくなりました。そのあとも異変は起き続け、娘Mちゃんが夜中金縛りにあい、金縛りから解放されると、人形が娘Mちゃんのお腹のうえに乗っかっていたらしく、妻Aさんのもとに泣いて訴えて来たので、娘Mちゃんのお腹をみると人形の形のお尻のあとがお腹についていました。怖くなった妻Aさんは次の日人形をゴミに投げに行きました。これで大丈夫だろうと思ったら、人形を投げてからというもの妻Aさんが頭痛めまい動悸体のだるさ微熱になり、2日後にいきなり治ったと思ったら、人形が一人で戻ってきて家の中を歩いていました。怖くて妻Aさんも娘Mちゃんも震え上がり、そのあと神社に電話し、お寺さんに人形を供養してもらいました。そのあと夫Tさんの怪我も治っていき、退院し歩けるようになり現在は普通の生活を送っています。現在もその人形を思い出すとゾワゾワするのて、思い出さないようにしているようです。

この怖い話はどうでしたか?

コメント

K,Rさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード