私達の知らない時代に、強い恨みを抱いて、酷い殺され方をした女性がいました。

これは、S家に続いた祟りの話。

S家に生まれた男性は25歳まで生きる事が出来ない…。また、女性は( 家族のみで無く、嫁がれた女性に対しても同様 )必ず、大病に見舞われ、その生死は、その人の持つ運で決まる…そんな言い伝えがあったそうです。


その話は、ある女性( Mさん )から、直接、私の方に連絡して来た方でした。
後に、この方は、S家に嫁がれた次男さんのお嫁さんだと分かりました。


その祟りの話を聞いたのは、次男さんが精神的に不安定になってしまった頃に、聞かされたといっていました。

初めは、信じなかったMさんも、地域の乳がん検診を受け、癌が見付かった事で怖くなったといって、私に連絡したのだと…。


この時、次男さんは既に他界していましたが、Mさんの夢に何度と無く出てきて、「助けてくれ。ここから、出してくれ!」と言われるのだそうですが、Mさんにはどうしようもなく、最近では良く眠れないのだと言っていました。


Mさんを視た限りでは、特別何かが憑いているとかいう事は無かったので、Mさんの住んでいる家とS家に向かう事にしました。

Mさんの家に上り、次男さんの部屋に入った時、窓に新聞紙が貼り付けてあったのを見て、これは?と聞くと、Mさんは次男さんが生きていた頃、窓から闇が迫ってくるといって、貼り付けてしまったものだと言いました。


少し剥がして、外を見ましたが、特別おかしな所は無く、次男さんが寝ていたベッドに近寄ると、凄まじい怒りと嘆きの念が渦巻いていました。

それは、次男さん一人のものでは無く、今まで命を落として来た大勢の人の念。
その更に奥に一人の髪の長い白装束を身にまとった女性がうつむいて座っている姿が視えました。


それから、S家へ行き外観だけ視て確信しました。七代祟ってやるぞという強い怨み。S家だけじゃなく、関わる者全てにまで向けられたもの。


再び、Mさんの家に戻り、先程の女性に語り掛けた。すると、頭の中にビジョンが流れ出す。


女性の名は、キク。その昔、S家に使えていた下女でした。

1年という長い年月を重ね仕事も慣れてきた頃、S家の息子達に、乱暴され、親父には言うなと脅され、幾度と無く酷い仕打ちにあい続けたある日、耐え兼ねた彼女は、女将さんに事の成り行きを全て話した。

しかし、女将さんは、「下女の分際で、

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

返信ありがとうございました。

コメント有り難う御座います。お返事遅れてしまい申し訳ありませんでした。連絡手段は詳しくは申し上げられません。ただ、何処か別の所でお会い出来れば必然的な引き合わせがあったのだろうと、私はそう思うようにしています。私に出会うという事は、もう手の打ち様がなくどうしようも無いと落胆した時、必然的に会えるという方々が多いです。なので、出来るだけ会えない方が良いのですよ。。。

紫雲さん、初めまして。 紫雲さんの体験談がアップされる度に興味深く読ませていただいております。 不躾な質問お許しください。紫雲さんのような方に相談などお話聞いていただきたい時はどのような連絡手段があるのでしょうか?…

紫雲さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード