OLになりたてのAさんは、都内のマンションで一人暮らしをしていた。

 ある日、残業があって、タクシーで帰った。もう深夜の二時になろうとしている。マンション備え付けのユニットバスにお湯をはり、ようやく湯船に浸かってくつろいだ。

 突然、頭の上で気配がした。上を見ると、ドッジボール大の髪の毛の塊が天井にあり、くるくると回転している。その中に、女の顔がある。
慌ててAさんはユニットバスから出ると、髪の毛の塊が湯船に落下した。
反射的にAさんは、湯船の蓋を閉めると、あたりにあったものを蓋の上に置いた。
「いまの、なに?」
もう一度、おそるおそるバスルームを覗いてみると、蓋の下から、カリカリと蓋の裏をかきむしる音がする。
もう、ここにいるのは無理だ。電話をかけまくって、止めてくれる友達を探した。
その夜は友達の家で朝まで過ごした。

 朝戻ってみると、湯船の蓋は閉まったまま。それからは怖くて、自宅のバスルームが使えなくなった。ユニットバスなのでトイレも落ち着かない。風呂は近くの銭湯に行くようになった。

 あるとき、友達との飲み会で帰りが遅くなった。時間的には夜中というより、朝に近い。服や髪についたタバコの匂いに耐えられず、どうしても風呂に入りたくなった。
銭湯は閉まってるし、こんな時間に友人に迷惑をかけたくもない。

......シャワーだけなら。

シャワーを浴びながら頭を洗いかけると、全身に鳥肌がたった。目を開けた。
真正面に女の顔があった。
切れ長の目に、濃い艶っぽい口紅。
口元が歪み、不気味に二っと笑っている。
バスルームに悲鳴が上がった。
Aさんは、いまも銭湯に通っている。

この怖い話はどうでしたか?

コメント

❤️病みっ子さんの投稿(5)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード