落ちの無い話

正和45年、小学5年生の時の話

ある、呪いの方法が少年誌に書いてあった。
犬を首輪でつないで、その口が届かぬところに餌を置く。
犬は空腹感のあまり餌を喰らおうとするがもがき苦しむ。

そして、日本刀で首を切り落とす。

切断された犬の首は飛んで餌にくらいつく

同級生の川越は善悪の区別があまりつかない男だったので、興味本位で、野良犬を捕まえそれを実行しました。
川越は自慢そうにその話を私にしたが、犬を飼っていて大好きだった私は、激怒し、
その話を担任や他の友達にも言いふらした。
川越は先生に怒られた。
それから間もなく川越は死んだ...
盲腸をこじらせたという話だった。



しばらくして、ある日の下校途中犬が車に轢かれていた。
首が潰れて、首の断面から見えていた。
その首の断面から川越がこちらを見ていた。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

それ…本当?

それ…本当?

いざよいさんの投稿(11)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード