宮古島に巨大な台風が近づいてきていた。
スーパー台風314号マエミーである。
これは親戚から聞いた話である。
台風が近づいて来ていたので、何時もの様に台風対策をしていた。
外にある小物や鉢等、飛びそうな物は家の中へ入れた。
対策を終えて家で待機。暴風域へ入った後何時もの様に過ぎ去ると思っていた。
だが、台風の最も危険なエリアである、目の壁(アイウォール)が親戚の住む集落の上空へ来た時だ。想像を超える暴風が吹き荒れ出した。ものすごい轟音が鳴り響いて、建物にぶち当たり、地震がおきたかのように揺れ始めた。
「ビュービュービューーー、ゴーーーーーー。」「グラグラグラ」
ゴーと鳴り響く度に振動となって建物が揺れる。鉄筋コンクリートの家だが、破壊されそうな勢いだ。空がピカピカと光り、停電した。
親戚のおじさん曰く「今まで生きてきた中で一番恐ろしい台風だ。(歴代観測最強の台風である)第二宮古島台風コラ(最大瞬間風速85.3m/s)よりも強かった。竜巻と台風が一体化した様な感じ」
おじさんの家の向かいに住んでる親戚の家族は夜中、凄まじい暴風で恐怖していて眠れず、風呂場で震えながら、家族みんなで一夜を過ごしたそうだ。風圧で鉄筋コンクリートの家が破壊されそうな強い風だったので、眠れるわけがない。猛烈な風は丸一日かかり抜けた。
被害状況を確認。
おじさんの家の近くにある瓦屋の家が倒壊していた。電柱の大半は折れていた。小学校の図書館は分厚い窓ガラスが割れて水浸し。無茶苦茶になっていたそうです。
風呂場で一夜を過ごしてた親戚の家は、厚さ10cmもある雨戸が破壊されていた。親戚の自動車は全て廃車。集落内の牛が行方不明になっていた。数日後、十数km南にある某病院の屋上で、頭を強く打って亡くなっていた状態で見つかった。竜巻ではなく、台風の風で十数kmも飛ばされた様だ。
気象庁の観測では最大瞬間風速74.1m/s
親戚の住む集落は沖縄電力の風車があり、85m/sまでは壊れない風車だったそうだ。見事に破壊されていた。沖縄電力での観測では、最大瞬間風速90.2m/s。
この風がどれほど凄まじいものか。
日本で発生する最も強い竜巻はF(フジタスケール1〜5段階あり、5が一番強い)3であり、大体70〜80m/sだと云われている。
90m/sの風はF4と同等の強さである。
60m/sを超えると、電柱が破壊されたり、車が浮いたり移動したりする。人が空を飛ぶ危

この怖い話はどうでしたか?

コメント

Nanoarchaeotaさんの投稿(4)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード