高校生の時
長期休みの時に私は夜更かしをして
携帯でYouTubeを見ていました。
そして寝ようかなと携帯をベッドの横に置き
目を閉じました。少し眠りについていたと思うのですが
うっすらと意識があり、体が動かなくなりました。
あ、金縛りにあった。すぐに感じました。
その直後に体を触られている感覚があり、
次第には首を絞められました。ですが強くではなく首を絞めることを楽しむような絞め方。
弄ぶような感じ。
身体中大量の汗をかいていました。
体を動かす事も出来ず、私は母に助けを乞いました。
ママ!!ママ!!助けて
ですが、かすかに私の耳に届く私の声は
ッア!ッマととてもか細い声。もうダメだ。もう無理だ。と思って目を閉じようと考えた時に
私のかけていた布団が膨らんで来ました。
胸からお腹にかけて布団が膨らんで来たのですが、恐怖でどうしようも無い気持ちになりました。
やばい。無理だ。どっか行ってくれ、
心の中でそう叫んでいました。ですが唯一動く眼球で
私は布団の中をみてしまいました。
そこには、苦しそうに見開いた目。頬が痩せこけた大きく口を開く見知らぬ男の顔がありました。
その顔はとても黒く闇と同化するような恐怖さでした。
おうまいがぁ。と思った私は
それから意識を失ったのか眠ってしまったのかは
分からないのですが、目を覚ましたら
大量の汗をかいていました。
結局あの男は誰だったのでしょうか。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

一番大事なことを書くのを忘れてたのですが 私の名前を叫びながら言っていたのですよ

通り霊っしょ

ふたちさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード