実体験で怖くないと思いますが、体験した私には恐ろしく、
未だに分からず気になる事なので、
書きます。

父方の祖父が亡くなり、葬式にワタワタと出かけた時のことです。

私は新卒で入社したばかりの6月でした。
祖父は病のせいで、先が長くないと言われ、色々あり疎遠でしたので、初孫でした私は「私の顔でもみせてやんべ。」と一週間前に顔を見せに行ったばかりでした。
訃報は出社したばかりの朝礼前の時に、母からの電話でした。
夏になったら、また来る、じいちゃんの誕生日を祝いに今度は弟二人も連れて来る。
そう言った私の手を強くグッと握った祖父の手と、衰弱し管の通された口のせいで、上手く舌の回らない声を今でも覚えています。

会社には、早退と忌引休暇を申し出、家にとんぼ返りしました。
私の実家は関東で、父方の祖父の家は東北です。
家に帰ると、母が涙の残る目元も拭わず大きいバックに荷物を詰め込んでいました。
私は大丈夫かと、言うと母は、うん、と頷き泣き笑いを浮かべながら、先週が最後になってしまった…と後悔を零しながら荷造りをしていました。
私もそれを手伝いながら、私が顔見せなかったらまだ意地でも生きていてくれただろうかと馬鹿みたいな事を考えていました。

その日の夕方、関東から、東北に来るまで向かう事になりました。
弟二人は学校がそれぞれあり、帰ってくるのは遅くなるとの事でしたので、翌日の朝、新幹線で来る事になり、父の兄、私から見た叔父を車でピックアップして東北に向かいます。
父は、先に新幹線で東北に向かいました。
病院での遺体の預かりがなかったので、死んだら直ぐに業者に渡されてしまうそうです。

祖父の家に行くのはいつも車でしたので、道中の心配はありませんでした。
ただ、いつも少し違ったのは父ではなく、叔父の運転というところでしょうか。

私の父や、叔父は怪異に見舞われる事がある人で、そう言った類の話は強請って話してもらっていました。
私自身、見はしませんが、感じる事は多々あると思っていますが、気のせいと思う事が多いです。
母は…恐らく何も感じないタイプです。

道は高速を使います。
私は免許を持たない人間ですので、高速の名称は疎く詳しい説明は出来ないのですが、あまり東北道を使わないルートを選ぶのがいつもでした。
なんでも直線が多く眠いらしいです。
また、父と叔父は新しい物好きの面があり、新しい道路、ナビにまだ乗ってない道を良く使

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

霊感も遺伝子ですよね

仮名さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード