このお話は先月の出来事です。

朝から快晴で桜は何処もかしこも満開。
美しい桜を両親と祖母と楽しみながらドライブをしました。

「村田の婆さんの顔見に行くか?」
村田町の母方祖母(母の実家)近くを通る時の父の一言で急遽祖母宅へ連絡を入れて向かうことになりました。
お彼岸に行けなかったので母も思うところがあったようでした。
私も祖母達に逢いたかったので、嬉しかった。
両親は祖母の昼食にお寿司と私はお菓子を買いました。

本当は…お給料を貰った後だったので其なりのお菓子を渡したかった。
しかし、其処は田舎のスーパー。
結局、買ったのはヤマザキの栗饅頭と羊羮。
「あら、上等じゃない。ばあちゃん喜ぶわよ。大事なのは気持ちだよ。…あった事もないのに、バアちゃん達と同じように栞は村田のお祖父ちゃん達を思っているのを見て嬉しいと思うよ。拓也と栞は良い孫だ。」
祖母のフォローで救われましたが…。

祖母宅へついて、村田の祖母と再会。
何時もの優しい笑顔で迎えてくれた。
「良く来たね。元気そうだね。暫くみないうちに別嬪になったな。…楽しく生活出来ているみたいだね。」
「祖母ちゃん、お久しぶり。お邪魔します。祖母ちゃんも元気で嬉しいよ。お饅頭と羊羮食べてね。」
祖母は優しく微笑み喜んでくれた。
「お祖父ちゃん達と一緒に食べたいからお仏壇にお願いね。」
「了解‼」
幼い頃と変わらない私と母方祖母の会話。
仏間にいきご挨拶をして遺影の曾祖母と祖父と高祖父母の顔をみる。
曾祖母の遺影を見ると、母とそっくり。
って、あれ?

…私はある間違いに気付きました。
叔父とそっくりな人を「村田のお祖父ちゃん」と思っていたのだが、実は叔父とそっくりさんが「曽祖父」で、真ん中の若い男性が「村田のお祖父ちゃん」でした。
それに気がついた私の考えをお見通しかの如く「やっと気がついたか。全くこの子は(笑)」
そんな呆れ笑いが聞こえそうな表情をした遺影の方々。

…遺影の表情が変わるのは日常茶飯事。
昔から見慣れた光景。

家に帰って来て、何か眠くなった。
昼寝をした時に不思議な事がありました。
寝ていると、布団の周りに人の気配がしました。
何か暖かい気持ちになるような不思議な感覚。
その時に頭を撫でる優しい暖かい感触。
「ようやく気が付いたか。天然さんだな。」
「全く、しっかりしてんだかぬけているのか。」
「相変わらず可愛い事をする。…グッスリ寝ているわね。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

イイハナシダナー( ノД`)… ご先祖さまに報恩感謝を忘れないひとは強いよね。

栞さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード