人は人それぞれ宿命と云うものを背負ってる。宿命とは、努力ではどうにも出来ない、自身の10界(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上、声聞、縁覚、菩薩、仏)により良い事悪い事、逃れる事の出来ないさまを謂う。
以下これは僕の宿命だ。

第1章 存在感が無い。

第2章 約3ヶ月毎に一度事故を目撃する。

第3章 霊感がある。

第4章 ゴキブリにより酷い目に遭う。

第5章 死にそうな目に遭って死なない。

第6章 金欠でも、食べ物で困った事がない。

第7章 落雷を至近距離で見てしまう(追記令和元年7月17日)


等だ。


第1章存在感が無い

僕は法華経に出会う前、悩みの一つであったものの一つだ。僕は存在感がなく、いつからいたのかとびっくりされる事が多かった。そのまま近くを通っても気付かれない事が多い。
高校生の時、先生のいる建物に入る時、決まってびっくりしたと先生は言う。
「普通に入ってこれないの」
と、よく怒られた。
知恵を絞って色々と試した。

1日目
足音をたてて建物に近づき、入ってからの「こんにちは」
「びっくりした」

2日目
普通に入って
「スミマセ〜ン」
「ウワッ、びっくりした」

3日目
手を叩きながら建物に近づき、入ってからの「こんにちは〜」
「はっ、何ねーもうびっくりした」

4日目
無言のまま入場
「えっ、いつからいた」

5日目
元気よく「こんにちは〜」
「もう、びっくりした」

もう諦めた。努力しても報われない…

高校卒業後、車の免許を所得し軽自動車を購入した。
運転中もやはり僕の存在に気づかない人は多かった。運転中僕の存在に気づかず、交差点に侵入してきた。僕は当然急ブレーキ。交差点に侵入してきた人の顔は、いたのかって感じでびっくりしていた。人によっては全く気づかない人もいる。
歩行者も同様で、僕の車に気づかず渡ってきて、いたのかって顔でびっくりされる。
こんなのは僕の見てる世界では日常的で当たり前の事だった。


第2章 約3ヶ月毎に事故を目撃する

これは当たり前と思っていたので、悩みの内には入っていなかった。今思えば嫌な宿命である。

初めて購入した軽自動車で運転すると、約3ヶ月に一度事故を目撃してしまうというもの。曰く付きの車なのかはわからない。

友達が僕の軽自動車を運転中。第2交通帯赤信号で止まっている時だ。暴走自動車が信号無視して交差点に侵入して第3交通帯に止まって

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

面白かった。次の投稿が楽しみだ。

Nanoarchaeotaさんの投稿(4)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード