このお話は私の親友が呪い道を通って
2度と戻らなくなったと言うお話をします。私の街には誰もが目にしている
「呪い道」と言う不気味な道がありました
最初私がこの道を何年か前に知って
親友に「絶対あの道を通っちゃっ駄目よ」
と注意しました。何故かと言うと親友の家の近くに呪い道があったからです、もちろん親友は理解してくれたが…2019年1月24日朝の会で先生が「◯◯さんが昨日から行方不明になりました。まだ情報が入っていませんが皆さんも気をつけてくだい」
と言う知らせでした、私は焦りました
まさかとは思わないけれどあの呪い道を通っていたのではないでしょうか。
あの約束忘れてしまったのかな…
親友「うん、気をつけるよ」
私「約束だよ、呪い道は何人もの人が通っていて亡くなった人もいるんだからね!」
って…あんだけ約束したのに
どうしてこうなったのかな?私は親友の事が許せませんでした。そして1月26日…
親友が亡くなりました、呪い道の前をたまたま通りかかった男性の人が目の前にいた血まみれの親友が倒れていたのを見つけ救急車に通報したが遅かったです。
私の恨みのせいか?それともあの呪い道のせいか?でも親戚の人から一度聞いた事があります、「あの呪い道を通った人は約束を破ってその後約束した相手から恨みの気持ちが現れてその通った人は相手から殺される」と言う呪い道の秘密があり私は新しいことを知りました。現在では呪い道は工事されて無くなりましたが今でも恐怖に襲われます。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

ワロタ ワロタ

ウケる

死HITOHA神さんの投稿(2)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード