ある場所で警備の仕事をしていた時だ。

ガラケーに非通知の電話がなり始めた。

「たーか(誰か)、こんな時間に」

そう思って無視した。

だがこの非通知電話は決まって二日おきにかかるようになった。夜中に電話をするとか、非常識極まりないので、言ってやろうと思い電話に出た。

僕「もしもし...」

相手「.......」

僕「もしもーし」

相手「.......ぷーっ、ぷーっ、ぷー」

ところが、相手は電話に応えずそのまま一方的に切ったのだ。


無 言 電 話 だ っ た . . .


その後も決まって二日おき深夜2時01分から2時05分の間に必ずかかってきた。

電話に出て30秒後あたりで切られる。

この電話の向こうは何故か音が全くない事に気づく。

雨が降った日も風が強く吹いた日も無音だ。そこに怖さを感じた。

あの亀(黒い影)を轢いた当時も深夜2時過ぎ、静寂で音が全くない時だった。

電話がかかってくる時間に合わせて、法華経を読誦した事もあった。経を読んでる最中、相手の出方を待った。

相変わらずの無言。予想はしていたが、全くの効果無しだった。相手は幽霊ではないって事だけはいえる。

月日が経ったある日の昼間の事だ。

昼寝をしていた時、何者かが部屋に入り僕の方へ近づくのを感じた。

目を開けるとそこに居たのは友人Aだった。

僕「え、ぬーしちょん(何してる)?」

友人A「いや、物忘れたから取りに来た」

僕「え、やーよ(お前よ)、声くらいかけて。しかむよやー(びっくりするだろうが)」

友人A「あー、ごめん」

そう言って荷物をとって出ていった。

僕はこの時鍵かけとけば良かったと思った。

更に3日後の夜...

またしても寝ている時に何者かが家に入って来る気配を感じた。

3日前の友人が入って来た時と同じ感覚だった。と同時に金縛りにもあった。

鍵はかけたはず...何故入ってこれる。そう思った。

そいつは足がないのがわかった。

そいつはどんどん僕の寝ているところへと近づいてくる...

怖くて目が開けられない。

そいつは僕の横に座り、顔を耳に近づけた。息が耳に当たるのが分かる。

「フーッ、フーッ、フーッ」

そしてそいつは口を開いた



 

 

 

 

この怖い話はどうでしたか?

コメント

Nanoarchaeumさんの投稿(8)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード