ネットに初めて投稿するので、おかしい点がありましたら申し訳ございません。
最近、暇潰しにオカルト板を見る事が多く、そういえば私も小さい頃は不思議な体験したなーと思うことが多々ありましたので、その中の一つを投稿しようと思います。


あれは20年以上前だったと思います。
記憶が曖昧なのですが、私が幼稚園もしくは小学校低学年の頃でした。(すいません、本当に曖昧なのです)
家には小さい頃から可愛がっているお人形がいました。
今で言うポポちゃんみたいな顔で、寝かせると目を閉じるタイプの人形でした。
とても可愛らしい顔立ちをしていたので、ずっと一緒にいたのを覚えています。
そして、上記した年齢になったある日のことです。
実家には二段ベットがあり、上のベッドに私、下のベッドには妹が寝ていました。
何時だったのかわからないんですけれど、ふと目を覚ましたら、人形が目の前にいたのです。じっと私を見ていたのです。宙に浮いて。
え!?と動揺した時、
母が隣の寝室から起きてきて、階段の電気を付け、一階に降りて行きました。
その時には、すでに人形はいませんでした。
あれは何だったのでしょうか。
それ以来、人形は家にいません。
捨ててしまったのか、でもそんな記憶ないし……

そんな曖昧な私の体験談でした。ありがとうございました。

この怖い話はどうでしたか?

コメント

はるさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード