これは、僕が大学が決まり東京にひっこしてきたはなしです。僕が住んでいたのはぼろいアパートでした。はじめは、慣れない生活でしたが、ようやく落ち着いていた時、隣と部屋に女性が住んでいたことにきがつきました。するとあることにきがつきました。それは、隣の部屋が見える穴があったのです。女性の部屋を見るのにためらいがありましたが結局は見ました。すると赤部屋でした。壁紙が赤いのだなぁーとおもいました。しかしその部屋にテレビ冷蔵庫、テイブルなど必要のものがなかったことにきずきへんだとおもいはじめました。
それから毎日穴をのぞきました。しかし女性が居ない時だけはずっと赤でした。しかしある日の部屋を穴で見て見ると、真っ黒になっていました。そして、次の日大家さんが隣の部屋を鍵で開けているのをみて、僕は何かあったのですかと聞くと、大家さんは、言いづらそうに女性がなくなったことをきいきました。病気だったんですか?ときくと、それがわからないのよ、とゆわれました。大家さんがもう一つのことをはなしてきました。それは、その女性の目は赤かっただよね。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(4)

ちょっと話し変えただけ

コピペ!…………

誤字が、、

赤かっただよねw

ホラーさんの投稿(2)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード