昨日は家族全員、晩ご飯は要らないと言うので
買い物がてら自分も外食する事にした。

最初に買い物を済ませて荷物をコインロッカーに預け

“さて、何を食べようかな?” と思案していると

背後から声をかけられた。



振り向くと70代と思しき ご婦人だった。

『ここから〇〇霊園行きのバスは出ていますかねぇ?』

と訊ねられた。

スーパーの向かいにバスセンターが あるので
そこから出るバスの事を訊いているのだと
思ったが、私は たまに地下鉄に乗る事は
あるがバスは乗らないので

『すいません。
私、バスに乗らないので ちょっと分からないんですよね。
窓口で訊いてみて下さい。』

と答えるしかなかった。



すると婦人は有難う、と一礼して
去って行った。




その後ろ姿がスーッと薄くなり
唖然としていると間もなく完全に
消えてしまった。

今、自分は何を見たんだろう? と
頭の中は?マークで いっぱいだった。



そして、『ママー ママー!』と叫ぶ声で
我に返った。



私の後ろに女の子が居て
女の子も婦人が消えた方向を見つめたまま
母親を呼んでいた。

おそらくは、女の子も婦人が消えるのを
見たのでしょう。



瞬間、私は その場を急いで離れた。
母親が来た時、何かを説明しなければならない
状況になったとして、一体、何をどう話せば
いいのか…

また、ご婦人が消えたのは
本当なのか…

その女の子も本当に同じものを
見ていたのか…


いろんな事が頭の中をよぎり
軽くパニックになっていたのかも
しれません。


食欲は失せてしまいましたが、帰るにしても
ほとぼりが冷めるまではコインロッカーまで
戻る気には なれませんでした。

とりあえず、店内の珈琲専門店に入って
時間を潰し、気持ちを落ち着かせてから
帰宅した次第である。



今思えば、先日の地震で〇〇霊園の墓石は
倒れたり崩れたりで大変な事になっていると
報道されていた。



もしかしたら…





あの ご婦人は自分の墓石が どうなっているのか
確認したかったのでしょうか?…

この怖い話はどうでしたか?

コメント(11)

なるほど、私みたいな人はキッカケをなるべく作らないようにしないとですね、、、 小さい頃は不思議な力がある人によく憧れたりしましたが、やっぱりそういうのとは無縁の方が良さそうですねぇ。

サイレンさん、子供の頃は霊媒体質だったようです。が、受け身で回避する術までは持ち合わせていなかったようです。なので小学校低学年の夏休みに親戚宅に預けられ、そこから毎日お寺に通っていました。大人になってから聞いたのですが中途半端な霊感を封印してもらったという事です。 その名残りかどうかは分かりませんが、たまーに不可解なことに遭遇する事があります。(苦笑)

名もなきコメンターさん、起承転結ですか… 体験した事を順に書き込んだだけなんですが…

サイレントベーコン花子さん、ある日突然… そんな事もあるようですよ。自分は全く無縁だと思っていたら何かをキッカケに霊感が身についたとか、霊感のある人と行動を共にしていたら自身も体験してしまったという話は聞いた事があります。一方で、一生、無縁という方も居られます。そちらの方が多いと思いますし、その方が良いとも思いますけどね…

元々霊感がある方なのですか?

久々に赤ポチしました

返信ありがとうございます。霊感を封印、、そんなことがあるんですね!私は全く霊感がないがないのですが、ある日突然、お母たんさんのように不思議な体験をするということもあり得るのかな〜と思って聞いてみました!

ホルモン8129さん、目の当たりにした時は正直、驚きと恐怖心しか無かったのですが、後々思い返してみると なんだか切なくなります…

起承転結が綺麗にできている話だなと思いました。 短編ではありますが、分かりやすいストーリーでいいなと思いました。

お母たんさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード