この話も読む方にとっては、あまり怖くないかもわかりません。私が専門学生だった頃ですがアパートを借りていて、そこで近所のビデオ屋にいき【呪いの○○オ】と言うビデオを借りるのがマイブームだった時期があった。
怖いビデオを見ては、背筋が寒くなりそれが快感のように思えていた。
また怖いのについ見てしまうのは、知的好奇心みたいな感情でもあった。
私が不思議な現象にあったのはそのビデオの何巻だったか残念ながら忘れてしまっている。しかし(白い女)的な項目を再生した時だったと思う。その内容が視聴者からの投稿で、旅行先の滝で撮った映像内に、白い服を着た白い顔の女性らしきものが収められているビデオだった。
それはそれで滝の中?要はあり得ない場所に映っていたのでとても怖かった。しかしその後にリリースされた巻のビデオで(白い女)にまつわるエピソードが再び取り上げられて、見た視聴者から製作者に苦情が来たとの事だった。それがビデオを見た後に視聴者の家にその女らしきものが現れたという事だった。私もそれを聞いて鳥肌が立った。一応全て再生して、ビデオを巻き戻ししようとビデオデッキの巻き戻しボタンを押した。通常通りデッキの液晶部分に1時間何々分と表示が出た。しばらくその液晶を見つめていると、急に液晶部分の表示が見た事がない(-€+〆〒〜○)のようになっている。「あっこれはビデオがおかしくなったかな?」ビデオの巻き戻しが終わり、ビデオをデッキの取り出しボタンを押して取り出した。それからデッキが収納されているテレビ台のガラスの2枚戸を閉めた。するとガラス戸の右端っこに白い服を着た白い女性らしきものが映っているではないか?「ハッ」として右後ろ部屋の隅を見つめるも何もない。先程映っていたガラス戸にも映っていない。からだに寒気を感じたが、姿を見る事は無かったのでホッと安堵した後、急に携帯電話が「ブーッブーッ」バイブの振動をはじめ電話を知らせていた。表示を見ると相手は非通知だった。「えっ」非通知は着信拒否設定しているはずだった。(汗)
そして電話が鳴り止み見たことないアドレスからメールが届いていた。ついメールを開くと文字化けした、何とも読めない文が三行程見れた。「ヒッ」怖くなって電源ボタンを長押しし、電源をOFFにした。すると今度はアパートの電話線につないでいるプッシュフォンに「リンリンリンリン」着信があった。相手が誰だかわからないが

この怖い話はどうでしたか?

コメント(4)

なるべく視たくない人は見ない方が良いのでしょうね。

きっと見てはいけない本物だったのかな!それと受信する側が強い霊感の持主だから尚更でしょうね。

そういうの見ると霊が寄ってくるって言いますよね

やめとけばいいのについつい見たくなってしまうのです。

カルマさんの投稿(16)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード