これは私がついこの間のお盆休みに体験した話です。
今年の夏はとても暑くうちの家は一階にしかエアコンがないため二階にある私と妹の部屋は中にいることができないほど暑かったんです。なので私は窓を開けて寝ていたのですが妹の方は一階で寝ると言って寝ていました。ある日私は夜中の2時くらいに喉が渇いて目が覚めてしまい一階にお茶を飲みに行くとリビングのソファーに寝転がっている影がありました。暗くて影しか見えなかったけど私は妹が寝ていると思い静かにお茶を飲んで二階に戻りました。しかしその次の日の夜10時くらいに私の母親がリビングのソファーに寝ていると思っていた妹に「あんたのいびきがうるさくて眠れないからリビングで寝て」と言ったのです。思わず私は「妹はソファーで寝たんじゃないの」と聞いたら母親から「ソファーで寝るわけないじゃん」と言われました。私は見間違いなのかなと思いその日も二階の部屋で寝ました。しかし朝起きると母親からこんな話を聞きました。それは私が二階に行ったあとすぐに親も妹も寝たそうなんですがやはり妹のいびきがうるさくて母親は眠れずソファーの上で寝ていたそうなんです。すると夜中に急に金縛りにあい声も出なくなったという話を聞きました。やはり私が夜中に見た影が見間違いじゃなかったと思いました。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

今は子供部屋にも普通にクーラーがあるからうらやましいよね

ビルドさんの投稿(5)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード