これは今から、17年位前のお話です。

これは私が職場の親しい友人5人と旅行した時の経験談です。

時期は、猛暑続きのお盆の頃でした。
私の実家は福島県なのですが、友人は皆、東京育ちの子ばかり。
「旅行するなら田舎に行きたい。」という理由から、私の実家の福島県に行くことになったのです。

友人は皆、心霊スポットが好きな子ばかりで、福島県の心霊スポットに興味津々でした。私は全国的に有名な福島県の心霊スポットは大体、学生の頃には把握していましたが、やはり余りお薦め出来ないと思っていました。
ですが、宿泊場所は福島県猪苗代湖の近くの旅館を友人のAが勝手に決め予約したのでした。
その時は「俺の実家で良いじゃん!」と思いました。

旅行当日は、東京人でも知る心霊スポットに行けると、皆が浮き足立っていました。東北新幹線に乗り、JR郡山駅に着き水郡線で猪苗代駅迄乗車。そして、到着。
駅には旅館の若旦那が、送迎で待っていてくれました。
そして、旅館に着き全員で6人なので、3:3で部屋割りをし、それぞれ部屋へ行きました。

部屋からの展望は、木々に囲まれ奥に猪苗代湖が見える感じでした。
みんな、荷物を置き早々に露天風呂へ向かいました。大きな露天風呂で、景色ま最高でした。日頃の疲れぶっ飛ぶ位に癒されました。

各自部屋に戻り、ホッと一息したところで、若女将が挨拶に来たので、世間話をし談笑していたとき、私の部屋の寝室から「カタ カタンカタン」と音がしました。ふと目を向けると不思議な掛け軸があったのです。

女将曰く「創業当時からある、見返り美人の掛け軸で代々、大事にされてきた物です。」とのこと。
フツーは、風景画や動物画だったりすると思うけど何で人なんだと、引っかかりを覚えました。
隣の友人の部屋の掛け軸も人の掛け軸でした。
今思えば、疑うべき要素満点でした。
私達の他に、宿泊人ま居なかったのです。
友人達は、もう好奇心丸出しの状態でした。
ただ、掛け軸に関して、それ以上の話を若女将は話さず、部屋を後にされました。

時間は、夕時で夕食の為に宴会場まで行くことになり、そこで約2時間半位、何気ない談笑して夕食は終了しました。時間はまだ、夜8時位です。

若旦那から「旅館の周りには何も無いが、車で20分位下ると旅館街がある」と言われ、車で連れて行ってもらう事になりました。
ゲーセンだったり、スナック、お食事処も幾つか点在していました。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

お返事ありがとうございました。

興味深い話しで楽しめました。

たっくんくんさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード