黒い影を見た私

※怖さにはかけます。

これは私が小学校六年生の頃に体験したゾクっとする話。
私には父型の曽祖母と祖父母、両親、妹がいる。
私は、中学校受検に控えて毎晩遅くに塾から帰っていた。そのせいか、体力と精神力共にズタズタ。なんとか、ゲームで誤魔化していた。


 11月の末。いつものように自転車で塾まで行き、終えて家に向かっていた。
私が9時くらいに家周辺の道路に差し掛かった時右側をスマホを持った黒い人が通り過ぎた。自分は何か違和感を感じたのか後ろを振り返る。しかし、自分の後ろには誰もいなかった。
そのすれ違った通りに家はなくどこかに隠れたとも考えられなかった。また、受検の疲れで幻でも見たのかと思い、その日は明日の支度を済ませて寝た。その日はそれ以外の異変はなく終わった。


 それから2週間経った12月初旬。
自分の部屋で1人寝ていると自分の部屋から見える階段の踊り場に2mはある人間型の影が左右に揺れていた。しかし、なにを思ったか自分はなんだ、人かと思いそのまま寝たらしい。朝起きて、思い返してみると家族は全員別の部屋で寝ていたし、そもそも2mごえの家族はいない。また、受検の疲れで幻でも見たのだろうと思いそのまま放っておいた。


 これまでの二回の異変はいずれも疲れたから幻が見えたと思ったが二つとも黒い影という二つの共通点がある。私は、そんなことを風呂場で考えながら怖いと思いつつ忘れたいと思っていた。

 しかし、そんな思いも返されるかのように次は就寝した後にその黒い影は姿を現した。その日、塾から帰った僕はなぜか夜の2時に目を覚ました。なんだよ、と思い一度体を起こしてあしもとをみると、すると、後ろを向いた黒い女の子が座っていた。家族に二回の異変は話していたのでどうせ妹がいたずらでやったのだろうと思った。そして、私の性格的に無視してまた布団に入った。朝起きて、妹に深夜のことを話すと自分はずっと寝ていたし2時になんて起きれるわけないと返されてしまった。そんな、理由付けられたら妹の仕業だとも思えずまた、幻だと思い怖いと思っていたが一応スルーしておいた。スルーしたと言っても内心は恐怖で埋め尽くされ一度塾を休もうと考えたが受かりたい気持ちも強く休めずにいた。


 そんなこんなで、もうすぐ大晦日だ。
大晦日には朝から夜まで塾の特訓があり、めんどくさかったがしっかりと塾に行って特訓を受けていた。今日は夜の、「ガキ

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

私も昔黒い影のような人?をよく見ていました。寝室の天井に姿を表し、寝ている私に向かい平行に降りて来て、顔スレスレに止まり金縛りの中、早く消えてくれる事を祈りました。

KIKIKEMAさんの投稿(1)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード