これはある中学校で毎年催されている林間学校で起きた話。
中学1年生を対象に毎年行われている林間学校。このイベントに3人の仲の良い男子が参加した。(もちろん他に参加している人もいたが)この3人をA君、B君、C君としておく。
彼らは2拍3日で行われる林間学校の初日のイベントを終えて男子が寝泊まりする視聴覚室に来ていた。
A「皆が寝たら例のやつやるぞ!」
B「オッケー」
C「バレたらヤバイよな。」
彼らは世に言う肝試しというやつをやろうとしていた。ルートは今いる3階の視聴覚室から2階、1階と降りて靴箱まで行って戻って来るといったものだった。そして教員も寝た時間を見計らい、3人は視聴覚室を出た。
A「ドキドキするなぁ。」
B「けっこう雰囲気出るな。」
C「早く行こうぜ。」
ビクビクしながらも3人は1階まで降りてきた。結局彼らが期待するようなことは起きず、靴箱まで行って引き返すだけとなった。
A「何か思ってたのとちがくね?」
B「幽霊何ていないかー。」
C「早く靴箱行って戻ろうぜ。」
3人は靴箱に来た。その時であった、彼らの足が急に動かなくなったのである。
A「な、何だぁ!」
B「動けねぇ!」
C「金縛りってやつか?」
そんなことを言って5分程経過しただろうか。3人は何やら視線のようなものを感じた。
A「何か見られてるよな。」
B「先生かなぁ。」
C「お、おい!あれみろ!」
C君の目線の先には坊主頭の男の子がいた。それも一人二人ではない。かなり多くの人数が確認出来た。中にはおかっぱ頭の女の子もいた。その小学生のような風貌の子供たちは皆靴箱に登り、鼻から上だけを覗かせ3人を凝視している。
A「怖ぇぇぇ」
B「幻覚だよな?」
C「皆何か黒いな。日本人なのに。」
子供たちは肌を真っ黒にしていた。それは日に焼けたと言うよりかは、焦げに近いものがあった。するとその時ウゥーとサイレンのような音が聞こえてきた。
A「なんだっ!」
その音が鳴るやいなや子供たちは3人の元に集まり出したのだ。
B「うわっ、来たぞ!」
集まった子供たちは3人の服をつかみ口々に、逃げろ、逃げろと言い出した。
C「助けてくれー!」
C君が叫ぶと同時に子供たちは消えて先生が来た。3人は動けるようになっていた。
翌日、昨日抜け出した罰を受けて掃除をさせられている3人はあのときの出来事について話していた。
A「やっぱりあれは心霊現象ってやつだよな?」
B「あの子供たちは

この怖い話はどうでしたか?

コメント

ダイトさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード