俺は、夢を見ていた。昔から俺は夢を見ている時に、たまに自分は夢を見てると自覚することがある。この時もそうだ。何故か俺は薄暗い無人駅に一人でいた。ずいぶん陰気臭いを夢だなぁと思った。

すると、急に駅に精気の無い男の人の声でアナウンスが流れた。

それは「まもなく、電車が来ます。その電車に乗るのはとあなたは恐ろしい目に遭いますよ〜」と意味不明なものでした。まもなく駅に電車が入ってきた。

それは電車というよりは遊園地によくあるお猿さんのようなものに数人の顔色が悪い男女が一列に座っていた。

俺はどうも変な夢だなぁと思いつつ、自分の夢がどれだけ自分自身に恐怖心を与えるのかが気になり、電車に乗った。

俺は電車の後ろから3番目の席に座った。「出発しま〜す」ことアナウンスが流れ、電車が動いた。これから何が起こるのか俺は不安と期待でドキドキしていた。

トンネルに入ったあとすぐに「次は活けづくり〜活けづくりです」活けづくり?魚の?などと考えてると、後ろからけたたまし叫びが聞こえた。振り返ると電車の一番後ろに座っていた男の人と4人の人影が見える。よく見ると男は刃物で体を剥がされ本当に魚の活けづくりの様になっていた。

耳が痛くなるほどの大声で男は叫び続けていた。

男の体からは次々と内臓が取り出され血まみれの臓器が散らばっている。

俺のすぐ後ろに長い髪の女性が座っていたが、そいつは黙って座ってるだけで気にもしなかった。

俺はさすがに、想像を超える展開で震えが止まらなかった。必死で目を覚まそうとした。

すると「次はえぐり出し〜えぐり出しになります」とアナウンスが流れた。そしたら、2人の人影が現れ、ギザギザスプーンの様な物で後ろの女性の目をえぐり出し始めた。

さっきまで無表情だった彼女の顔は痛みのあまりゆがんで泣き叫んでいた。

俺はこれ以上付き合いきれなかった。しかも、順番からいくとつぎは3番目に座っている俺の番だ。

「次は挽肉〜挽肉で〜す」とアナウンスが流れ、青ざめになった。

急に「ウイーン」という音がだんだん大きくなってきて、顔に風圧を感じた。(俺死ぬんだ‥)

(‥き だいき 大貴!【大貴は仮の名前です】いい加減に起きろ)母さんだ。

俺生きてるだ。そう思った瞬間「次に来た時は最後ですよ〜‥‥」

あれから、今までまだあの夢は見てねぇけど次に見た時にはたぶん心臓麻痺かなんかだど思う。

こっちの世界では心臓麻

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

これ知ってるってお母さんが言ってた。

百目鬼さんの投稿(2)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード