確信はないが、念の為に伝えておきます。
【絶対に真似しないように!!】

小学3年の頃、俺は団地に住んでいた。田舎ではあったが、小学時代は上級生も関係なく一緒に遊んだ。
夏ともあって、やはり、子供はクワガタやオニヤンマなどの虫や、野球、そして幽霊に興味が走る。
子供の遊びだから、見えてもないのに、見えた!って遊ぶ程度でギャーギャーとやっていた訳だが、その時の、見る方法が悪かったのか…本当に見えてしまった。

手で三角を作り、その三角から覗くのだが、それをやった後に、7人中2人が見えた。残念ながら、そのうちの1人が俺だ。
見えたのは、テレビで見るようなおぞましい姿のものではなく、人型の影だ。
二体あり、白いのと黒いやつ。

怖いと言う感覚はなく、ただそこに在るって感じだった。そもそも、3歳の頃から影はたまに見てたから、慣れてたのかもしれない。
他の人はかなりびびってだけど、見えてる当事者2人はビビリより、ちょい優越感があったかも知れない。

その後、ドーナツをお供えして解散したけど、あれ以来見ることはなかった。

何にせよ、見ようとする行為がトリガーとなりうると言う事。これは、きっとコックリさんと変わりない行為なのだと思う。

皆さま、気をつけなはれや!

この怖い話はどうでしたか?

コメント

じんさんの投稿(19)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード