(作り)これは、私の友達みずきが話してくれた最後の話。
ある女の子がいじめを受けていて、学校の女王と言う、美咲(上山美咲)がダサ子に「ねぇ、ダ、サ、子、廃墟でビデオ撮ってきてよ!」皆は、チラリとダサ子を見た。ダサ子は、勝つ余裕がなく「分かったよ」と返事をした。それからルールが決められた。「1つ目は、何があっても逃げない。2つ目ビデオを止めない。3つ目ひとりかくれんぼをすること。」と美咲が言った。もちろんダサ子は、メモをしていた。ダサ子が聞き出した。「人形は、どうしたらいいの?」美咲は、「もちろん!ダサ子アンタが持ってきてね。」ダサ子は、ゆっくり頷いた。そして夜になった。「みんな居る?」美咲が周りを見た。全員居るみたい。「ダサ子前に来なさいよ!」
強く押されたダサ子は、前に来て廃墟の中に入って行った。みんなも入る。
「ダサ子2階に行ってよ。」ダサ子は、2階に行く。みんなが2階に着くとタンスがあった。「ダサ子そこのタンス開けてみてよ。」ダサ子は、1回嫌な顔をしたがゆっくり開けていく。「中に入って何かないか調べて」ダサ子は、中に入って奥にある箱を出てきた。「汚い。開けて!」
ダサ子は、箱のフタを開けた。するとなぜか空気が変わる感じがした。
結局中にあったものは、お札だけだった。
みんな安心したかのように、胸をなで下ろす。「あはは!何もないじゃない。それじゃあ、ダサ子ひとりかくれんぼ楽しんでね。絶対にビデオ渡してよね!」
美咲とみんなは、帰っていった。もちろん私も。
次の日私は、不安で仕方なかった。
ダサ子がビデオなんて持ってくるのか…
机に座っていると、「ねぇ、ダサ子ビデオ渡して?」ダサ子は、カバンからカメラを美咲に渡した。しかしその瞬間、ダサ子が美咲に飛び出した。「何よ!アンタ離れなさいよ!」ガッン「きゃー、か、顔が
や、やめて、」扉が強く開いた。
「何やってるんだ!」先生がダサ子を捕まえた。そのままダサ子は、違う部屋に行った。美咲は、先生に運ばれて行った。
それから一週間後わたしは、お母さんに
「アンタ大丈夫?」私は「大丈夫だよ」
と返事をした。多分この前のダサ子の事で心配してくれたんだろうと私は思った。次の日学校の帰り道に、ダサ子が交差点で前に行こうとしていた。目の前にトラックが来ている。私は走ってダサ子を突き飛ばした。「何してるの?!」「ゴメン。何もない。」
そのままダサ子は、どこかに行った。その次の日、私は思

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

すごいね。

ダサ子さん

鬼灯2?さんの投稿(9)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード