私は独身の頃、よく通っていたスナックが ありました。
そのスナックで友人がアルバイトをしていたのが
通うキッカケだったのですが、20年以上 経った今でも
ママとの交流は続いています。



結婚、子育てなどで一時は年賀状だけの
やり取りになった時期も ありましたが
子育てが一段落してから再び、交流が
始まりました。
とは言っても家庭のある主婦なので
昼間にランチや お茶を楽しむといった
付き合いですが…



友人のYは結婚を機に地方へ移り住む事に
なったのですが、お互いの子供達が中学へ進むと
部活やら塾などで帰宅時間も遅くなったので
Yは2~3ヶ月に一度は遊びに来るようになりました。





そんな ある時、どちらからともなく

「ママに会いたいね」という話になった。



ママには子供が居なかった為、私達の事を
実の子供のように可愛がってくれました。
よく 相談にも乗ってもらっていました。
善は急げとばかりに早速、ママに連絡を取り
日程を決めました。





久し振りに三人で会い、話は大いに盛り上がりました。
食事を終え お茶をしてる時、Yがママに

「何か面白い話は無いですか?」と振った。




この “面白い話” というのは “笑える話” ではなく
“怖い” とか “奇妙な” といった意味です。
というのも、ママには何かを感じ取る能力が あり
ママに助言され 難を逃れたという常連客も結構、
居たのです。




「まあ、大きいのから小さいのまで
いろいろ あったけど…」と前置きしながら
ある男性客(Aさん)の話をしてくれました。



Aさんは ある日、一人で来店したそうです。
酔っているようには見えなかったそうですが
どこかフワフワしたような 心ここに在らず…
そんな感じだったそうです。



初めての客であるAさんに おしぼりと
お通しを出すと そこでAさんはハッと
我に返り


「あぁ… ここは飲み屋だったんですね…」と
まるで、意識せずに来てしまったような
口振りだったそうです。

ママが
「お食事をご希望でしたか?」と訊ねると
「いえ、こちらで結構です。」と言って
水割りを注文したそうです。




高級そうなスーツにブランドものの腕時計…
身なりはキチッとしているもののママは何故か
不穏な空気を感じたそうです。




「ちょっと私の手には負えないな…」

そう思ったママはスナックを経営

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

匿名さん、そうかもしれませんね。類は友を呼ぶと言いますが、当時はママの知り合いや周囲での話もよく聞かされていました。

夜の仕事の人って、特殊能力をもってる率高いですよね。

匿名さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード