今回は、私と私の親友Mの中学時代の後輩が私に二人目の子供が生まれた事で、出産祝いを持って遊びに来てくれた時のお話です。

私の投稿させて頂いたお話の中の「メロンが嫌いなのに。」で、登場したKです。


私が二番目の娘を出産して2ヶ月程過ぎた、ある日の夜後輩のKが突然やって来ました。


私「K。どないしたん?こんな時間に来るなんて珍しいやん」
K「すみません。遅い時間に」

いつも遊びに来るなら昼間に来ていたKが、この日訪ねて来たのは夜10時を過ぎて居ました。

私「別に構わないよ。上がり」
K「ありがとうございます。お邪魔します」
私「子供らは寝てしまったし、旦那も今日は飲み会やからちょっと遅くなるみたいやから、ゆっくりして行き」
K「ありがとうございます。あっ!これ、出産祝いです。遅くなってしまってすいません」
私「わざわざありがとう。気を使わなくて良いんやで笑」

Kは私達の中学時代の仲間内では、比較的大人しいタイプの子でした。
昔から子供が大好きで、現在の職業も保育園の保育士さんです。
プライベートは、彼氏は居ますがまだ一人暮らしの独身でした。

この日のKは夜に突然やって来た事以外にも、何故か落ち着きが無くてソワソワしている感じで、部屋をキョロキョロ見回したりして居ました。

私「なんや、お前今日やたら落ち着き無いけど、どないしたん?」
K「あっ!いえ…あの…その…何か、何日か前から右肩と背中がやたらと重いと言うか、痛いと言うか…」
私「…。お前、来る所間違えて無いか?そんな時に行くんはMの所やろに!」
K「あっ。あの…私、昔からM先輩苦手で、多分二人きりでは話出来そうに無くて…」
私「未だに怖いのかよ笑中学卒業して何年経ってると思ってんねん笑 って言うか、私にそっち系で頼られても困る。M呼ぶわ」
K「あぁ…怒りませんかね?汗」
私「怒る訳無いやろ笑笑」

そう言うと私はMに連絡しました。

―電話中―

私「M?夜にいきなりゴメンやで。お前、今から家来られへんかな?」
M「ん?何だ、急に?何かあったのか?」
私「あったと言うか、ありそうと言うか?」
M「何言ってんだ?お前笑 まぁ、良いや。暇だから行ってやるよ。Iも居るの?」
私「Iは飲み会だから、夜中になると思う。 あっ。C(Mの娘)連れて来る?」
M「いや。寝ちゃってるから、お母に頼んで行くわ」
私「分かった。サンキュー!待ってる」


Mは車の免

この怖い話はどうでしたか?

コメント(7)

激しくムカついた…。実は私も父親が長男だったから男の子が欲しかったって誰かに(覚えていない)って言われて子供心に深く傷付いたんだよね。その子の親は捕まったのかな?今ものうのうと生きてたら許せない!

匿名さん。コメントありがとうございます。 ホンマに。天罰が下ってくれなければ、亡くなった男の子が可哀想すぎますよね!

四年間の短い人生どんなに辛かったでしょう。虐待する人は例え女の子が生まれても又やります。今度生まれ変わったら優しい両親の元にと願います。

こたくんさん。コメントありがとうございます。 本当に。許せませんね!

匿名さん。コメントありがとうございます。 そうですね。女の子が生まれたとしても虐待するのかも知れません。 本当に子供が亡くなるのはやりきれません。

親、ゆるせん

奴等に天罰を願う。

mieさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード