私は19才で結婚し、20歳で一人目の娘を出産しました。
親友のMはその頃、例のリアルお化け屋敷の様なアパートで毎日女の霊とバトルを繰り広げて居ましたが、旦那さんの浮気が発覚して離婚。アパートを出て実家に戻り、夜の仕事をしながら一人娘を育てていました。

これは、私の娘が5歳になった頃のお話です。

私が結婚して引っ越したアパートも以前Mが住んでいたアパート同様同じ造りのアパートが二棟並んで建ち、私の住んでいる棟の向かいには大屋さんの一軒家、もう一棟の向かいには茶色いレンガ造りの二階建てのマンションが建って居て、こちらのマンションも二棟のアパートと同じく一軒家に住む大屋さんの管理するマンションでした。

夏のある日の午後、Mから私の携帯に着信が有り、今日は娘が旦那の方へ泊まりに行くので一人だから遊びに行って良いか?と言う内容の電話でした。
専業主婦だった私は、娘と二人で暇だったので即OKしました。

私の当時住んでいたアパートはMの実家からは電車で一駅、駅からバスで10分位の距離でした。

娘と二人待っていると、やがてMがコンビニで調達して来たお菓子やジュースを持ってやって来ました。

娘はMに懷いて居たので喜んでMを出迎えました。

M「おぉ~!R!久し振り!又、ちょっと大きくなったな!」
R「Mちゃーん!いらっしゃい!」
M「はい!お菓子とジュース!」
R「やったぁー!ありがとー!」
M「よう!S!元気だったか?」
私「あぁ。久し振りやな」

20代になった私達はお互いに結婚して、実家を出たりで10代の頃よりは頻繁に会っては居なかったので、この時会ったのも数ヶ月振りでした。


M「どうよ?変わりなくやってるか?」
私「うん。でも…最近ちょっと気になってる事があってさ…」
M「何だよ?笑まさか、お前の旦那も浮気か?笑笑」
私「ちゃうわ!実は…Rの事なんやけどな…」

私は少し声のトーンを落としてMに言いました。
RはMから貰ったお菓子を食べながら大好きなテレビアニメに夢中です。

M「R?Rがどうしたん?」
私「最近さぁ、近所に友達が出来たらしいんやけど、私一度もその子の姿見た事無いんだよ」
M「見た事無い?いつも何処で遊んでるん?」
私「その子の家の方」
M「その子の家は何処?」
私「ベランダから見えるよ」

私達はベランダに出ました。

私「ほら!あの家」

その家は、茶色いレンガ造りのマンションの隣に有り

この怖い話はどうでしたか?

コメント(5)

Mさんスゲェな❣️男の子も可哀想。だけど、鈴渡した時が怖かったなぁ、私もこうゆう話の方が好きだな。

匿名さん。コメントありがとうございます。 きっとそうでしょうね。 子供が亡くなると言うのはやりきれないです。 子供の霊が関わって来る話はもう1話有りますので書かせて頂きます。

こたくんさん。コメントありがとうございます。 Mは優しいですよ笑 色々有りますけど笑笑

H君はずっとひとりで寂しさに耐えていたんですね。なんか切ないくて心が、痛いです。この子が幸せになれますように……

Mさん、すごいですね。 今回は、怖さはないけど、Mさんの優しさが、どっからか伝わってくる感じでした。

mieさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード