いきなり仕切り出したMのお母さんのお陰で、私は又、決して長居はしたくないMのアパートに泊まらざるおえない状況に追いやられました。

母「さてさて。昼間っから登場するかしらねぇ~笑」

(良く笑ってる余裕あるよ。ホンマ、この人一体どんな感覚してんねん)

母「そういや、お腹空いたよね?この辺に何か食べる所ある?」
M「良く、飯食う気になるな?」
母「腹が減っては戦は出来ぬ。って言うでしょ?あんたも妊婦何だからちゃんと食べなきゃ駄目よ。Sも、これからに備えて腹ごしらえしとかなきゃね!奢ってあげるからさ笑」

(これからに備えて…ってなんすかぁー!余計食欲無くなるわ…)

Mと私はMのお母さんに引きずられる様にアパートから少し離れた所にあるファミレスに連れて行かれました。
Mと私は寝不足なのもあり、食欲がわきませんでしたがMのお母さんはパクパク食べながら「あんた達も早く食べなさいよ!」
M・私「……。」
母「全く、根性無いんだから」

(根性で、どうにかなる事なのか…)

Mと私は何とか無理矢理食べました。

ファミレスからの帰り道、Mのお母さんが
「M!あんた、これからもあの家に住むつもり何じゃないの?」
M「住みたくは無いけど、今すぐ引っ越す金なんて無いしさ。Kはあの部屋気に入ってるし、霊感無いからなんも感じないだろうし」
母「なら、もっと強気で行かなきゃ。勝てないよ!」

(勝つとか負けるとかあるんか?やっぱ、私には解らん…)

部屋に着くとMのお母さんはお風呂を掃除して沸かし、たまっていた洗濯をしたりと動き回り、夕方Aが学校から帰って来る時間になると家に電話をしてAに今夜はお祖母ちゃんの家に泊まる様に言うと、テレビを点けて見始めました。

M「一体、どう言う神経してんだ。あの母親は」
私「ある意味、霊より最強なんちゃう」
M「本当だよ。良くテレビ見てヘラヘラ笑ってられるよ」

母「あんた達、何さっきからブツブツ言ってんのよ!まだ、出て来ても無いのにビクビクしてんじゃ無いよ」

(強い…。この人なら、あの女追い出せるんちゃうんかな…)

やがて、夜になり三人順番にお風呂に入り、昼に余り食べなかったMと私はやっとお腹が空いて来てコンビニ買い物に出掛けました。

私「お母さん、良くあの部屋に一人で居れるわ。私なら無理やわ」
M「私は住まなきゃならない」
私「私なら住めない」
M「住まなきゃならない人間の前で言うな」

この怖い話はどうでしたか?

コメント(7)

まいさん。コメントありがとうございます。 怖くしようと脚色したく無いので、そのままで書いてます。

匿名さんコメントありがとうございます。 難しいでしょうね。特に執着してると。

幽霊を追い出すことは、なかなか難しいようだ。

こたくんさん。コメントありがとうございます。いつも読んで下さりありがとうございます。

話し方で 怖さがないかも

匿名さんコメントありがとうございます。 難しいでしょうね。特に執着してると。

あ〜面白かった! またお願いします!

mieさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード