半ば強引にMのアパートに泊まる羽目になった私は自転車を押してMとアパートへ向かいながら

私「まだ居てたらどーするよ?」
M「居ない様な気がする」
私「何で解るん?」
M「勘だけど…」
私「しかし…何があったんやろな。あの部屋で」
M「さぁな。でも…これもあくまでも勘だけど、あの部屋で死んだとかでは無い気がする」
私「ふ~ん…ほな、余計私には解らんな」
M「自縛かな…でも…それとは又、違う様な…」

そんな話をしながら歩いて居ると、やがてMのアパートが見えて来ました。
アパートの前に自転車を止め、ゆっくり階段を上がり、部屋の前まで来ました。

私「…どうよ?」
M「多分…今は居ない」

二人で部屋の中に入りました。
恐る恐る部屋を見回すと…Mの勘通り女は居ませんでした。

私「出て来る前と何か変わった所あるか?」

Mは部屋中を見て歩き…

M「コンポの電源が消えてる…」
私「出て来る時に消したんちゃうの?」
M「鍵すら掛けて無いのにか?財布持って出るのが精一杯だったんだぜ?」
私「ほな、誰が消すんよ??」
M「あの女だろうな…」
私「マジか!節電か??」
M「なら、電気も消すだろ」
私「一見したら普通の部屋だよな…?」
M「まぁな。私は最初から嫌な感じだったけどな」
私「お前、引っ越す前にお母さんに見て貰わなかったん?」
M「うん。ちょうど、見て貰おうと思ってた日にAが熱出して寝込んでてさ。だから、もう良いや。って思ってそのまんま引っ越した。Kは霊感0だしな。霊なんてこの世に居ない!ってもし、話しても絶対信じないし」
私「お前、身体に障るから寝た方が良いんちゃう?居ない内に」
M「そうだな」

私は手前の六畳に布団を敷き、Mは奥の六畳のダブルベッドで寝る事にしました。

私は部屋が真っ暗じゃないと寝れない質なんで豆電も消して、布団に入りました。


何分位経ったでしょう。
小さな「ボンッ」と言う音がして、勝手にコンポの電源が入り、赤い電源ランプが点りました。

(は??何?)

私は暫く、暗闇の中に点るコンポの赤い電源ランプを見つめて居ました。

すると次は…


「カタカタカタッ…」

(え??今度はなんだ?)

「カタカタカタッ…」

(なんの音だ?どっから鳴ってる?)

布団の中で固まって居ると…

「ガタガタッ!ガタガタッ!」

(!!なんだ!これっ!)

私は布団から飛び起きて電気を点けました。

M

この怖い話はどうでしたか?

コメント

mieさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード