今回は、修学旅行の押し入れの逆さま女の話で登場した私の親友Mの4歳年下の妹Aに起こった話をしたいと思います。

Mは小学六年の終わり辺りにお父さんを病気で亡くし、以来お母さんと4歳下の妹と3人暮らしでした。

高2の夏休みのある日、私はMの家でMと私と1歳年下の後輩Kと3人で遊んでいました。それぞれ漫画を読んだり、テレビを見たりしていると、Mの妹Aがテニスの部活の練習から帰って来ました。

M「おぅ!A!お帰り!」
私「Aー!暑かったやろ?」
K「Aちゃん、ひさしぶり!」

A「…。」

(ん?何で、なんも言わん?部活でなんかあったんかな?)

いつもは明るくて私やKが遊びに来ていると、ニコニコしながら「又、来てるのー?好きだねぇ~!」とか、言って来るAがこの日は人が変わったかの様に無表情で私達と目すら合わせ様とはせず、襖を開けて隣の部屋に入ると凄い勢いで襖を閉めました。

Mは直ぐに襖を開けて「A!なんだよ。その態度!みんな話し掛けてんだろーが!」と、怒鳴りました。それでもAは何も答えず文句を言うMを睨みつけています。

暫く二人は睨み合ったまま。

私「M。A、部活で疲れてんちゃう?そっと、しといたり!」と、そっと襖を閉めました。
M「何なんだよ!あのバカ!」

そこへ、パートからMのお母さんが帰って来ました。
お母さんは私達を見て「あんた達良くそう毎日一緒に居て飽きないわね笑 M。Aも帰って来てるの?玄関に靴あったけど?」
M「隣の部屋!何が気に入らないんだか知らないけど、話し掛けてんのに返事もしねーで!」
母「珍しいね。部活でなんかあったのかしらね」
M「知るか!本人に聞いてみれば!」

このMのお母さん、実はMよりも霊感の強い人なんです。

そんな、やり取りをMとお母さんがしていると
いきなり襖が勢い良く開きました。
Aが、さっきの無表情のまま立って居ました。
手に、メロンを持って。

その姿を見たMのお母さんの顔が険しくなりました。

Aが入って行った部屋にはお父さんの仏壇があり、メロンはお父さんの仏壇にお供えして居た物でした。

メロンを持って立っているAを見て、Mも怪訝そうな顔になりました。
私は小さな声でMに「どないしたん?」と、聞くとMは「おかしい…」と、答えたので「何が?」
M「Aはメロンが小さい時から大嫌い何だよ。匂いすら嫌だ。って、私の前でメロン食べないで!って怒る位なんだ。でも、親

この怖い話はどうでしたか?

コメント(5)

こたくんさん。コメントありがとうございます。 まだまだ、Mのお陰で色々体験して居るので又、書かせて頂きます。

匿名さん。コメントありがとうございます。 亡くなったお父さんには霊感無かったと思います。 今でも3人共元気ですよ笑 幸せかどうかは、又お話書かせて頂きます。

文章じょうずだし、内容も面白いので、すいすい読んでしまいます。また、お願いしますね!

面白かった。親父も霊感、強かったのかな? すげえなこの家族。幸せしてるかな?

匿名さん。コメントありがとうございます。 亡くなったお父さんには霊感無かったと思います。 今でも3人共元気ですよ笑 幸せかどうかは、又お話書かせて頂きます。

mieさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード