今日は私が幽霊の存在を信じるようになった話をします。
これは私が中学生の時に体験した話です。
吹奏楽部に所属していた私はその日も練習をしていました。私のパートは3人でその日は学校の長い廊下で3人並んで練習していました。私のしている楽器はTubaだったので後ろが反射して見えました。後ろでは同じパートの人が練習をしている様子が見えたのですが、私とその人の間にもう一人人影があったんです。私は目を疑いましたが間違いなく正座している男性がいたのです。もちろん後ろを見てもそんな男性はいませんでした。しかし、再び楽器を見るとやっぱり男性の姿が写っていました。後ろにいた子に聞いても分からないと言われたのであれがこの世のものでないことは確かです。私はその日から幽霊という存在を信じるようになりました。

この怖い話はどうでしたか?

コメント

ビルドさんの投稿(5)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード