3月19日…この日は私にとって忘れることが出来ない日だ。
私が産まれて初めて大切な人の死を予感してしまった忘れることが出来ない日であるから。
このお話は私が8歳の頃のお話です。

「ばあちゃん、カズ兄ちゃんと遊んでくるね‼」
「おじちゃんやお兄ちゃんの言うこと聞くんだよ。」
「ハーイ!」
学校から帰ると私と兄と二人の弟は宿題を猛スピードで終わらせるとおやつ片手にダッシュで隣の家の親戚宅に遊びに訪ねていた。
祖母の従弟にあたるおじさん一家が住んでいてそこの家の若いお兄さんが私達と遊んでくれた。
「カズ兄ちゃん、遊ぼう‼」
「一緒におやつ食べながら遊ぼう‼」

…カズ兄ちゃんの姿を見付けると私達はかけより口々にはしゃぐ。
「おっ来たな‼よし、今日はサッカーだ‼」
…カズ兄ちゃんは優しくて格好良くて、モテモテだったし友達も多かった。
カズ兄ちゃんの友人であるお兄さんとお姉さん達も私達兄妹を可愛がってくれた。
おやつを一緒に食べたり遊んでくれた。
楽しい時間も母の帰宅と共に終了。
仲良く元気にはしゃぐ私達をおじさんと祖父母はたまに様子を見に来ては微笑んで見ていた。
私が自転車を乗れるようになったのもカズ兄ちゃんのお陰。
今思えば子供の頃のこの時間が幸せだった。
焼き芋をしたりバーベキューをしたり遊んだり花火をしたり…楽しかった。
私達兄妹はカズ兄ちゃんが大好きだった。

しかし…悲しい別れはやって来た。
3月18日…あの日は何時ものように遊んで何時ものように母が帰宅して家に帰る何時もと変わらない光景。
「さっ、お家に入ろうか。カズ兄ちゃんもご飯だよ。栞は明日は病院にお出かけだからちゃんとご飯食べて早く寝ようね?」
母に促された。
「そうだね。ご飯ちゃんと食べて強くならないと悪い虫に負けちゃうよ?」
…何時もと同じカズ兄ちゃんの優しい笑顔。
だけど…何故か帰りたくないと言う気持ちと今帰ったらカズ兄ちゃんと二度と会えなくなるのではないかと言う気持ちとカズ兄ちゃんは二度と会えない世界に行ってしまうのではないかな…と言う漠然とした不安感を感じていた。
その時のカズ兄ちゃんは夕日に照らされていたのか何だかわからないが、カズ兄ちゃんの顔が真っ赤に見えた。
「カズ兄ちゃん、明日も一緒に遊んでくれるよね?どこも行かないよね?」
そう不安げに訪ねる私にカズ兄ちゃんは優しい笑顔で微笑んでくれた。
「大丈夫だよ。明日栞が病院から帰ってきたらま

この怖い話はどうでしたか?

コメント

栞さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード