一人の青年がお寺の門の前で右往左往していました。
お墓参りに来た 檀家さんが住職に告げ 住職が門前まで出て行くと 青年は思い詰めた顔をして住職の顔を見ていました。

私は本堂で仏様と向き合っていました。

甲高い鈴の音が三回程 鳴った後 住職が青年を連れ本堂へ入って来ました。

私は 座布団を三枚出しました。
青年は 一瞬私を見て そして 微笑みました。

青年 「あなたは…分かるんですね?」

私は黙って頷きました。

青年は 人を探して欲しいと言いました。
見付けて下さいと…。

青年には 二人の男女が憑いてました。
その男性の方と青年は親友だった様です。

三人は 私が差し出した座布団の上に座り 青年の横で 話を聞いている様でした。
女性の方は終始泣いていました。

青年は 言います。

「今 あなたが見ているのは 駆け落ちをした 僕の

親友とその彼女です。親友の家は 代々 病院を引

き継ぎ営んで来たので 当然 恋愛をしてでの結婚

は許されませんでした。彼女は短大を卒業したば

かりで 彼女の夢は保育士になる事だったので 親

友は何とか 両親に頼もうとしたのですが…彼女

との結婚どころか付き合う事さえも反対され…

親友には ある大学病院のご令嬢との結婚話をさ

れて…二人は 駆け落ちをしてこの街を離れまし

た。僕に……何の知らせも無く…。 僕が親友の駆け

落ちを知ったのは 親友の家から連絡が来て 「 息

子を探してるが来てないか?」 といわれて 駆け

落ちをしたんだと分かったんです。 それが 2ヶ

月前の話です。 それから暫くして 僕の前に二人

が現れる様になりました。 何を聞いても返事を

してくれませんし ただ 二人は僕の傍に居るだけ

で 何も喋ってはくれない。だから !! 誰か居ない

かと探してた時 偶然 このお寺に居る人が そう

いうのが分かる人だと噂を耳にして……お願いし

ます。彼等の話を聞いて下さい。」

青年は 抱え込んでいた思いを一気に吐き出す様に言うと真っ直ぐ 私を見て来ました。

それで 私も口を開きました。

私 「貴方が此処へ来たという事は もう察しているという事ですね?」

青年 「はい。」

私 「解りました。では 彼等に話を聞いてみます。」

私は 彼等に向き合いました。

私 「何か言いたい事があるから 彼( 青年 )を此処へ導いたのでしょう?

この怖い話はどうでしたか?

コメント(5)

かわいそおおおおおおおおおおおおお

匿名さん。コメント有り難う御座います。 そうですね。生きていれば何かしらの壁に必ずぶつかるものです。でも それがあるから 人は乗り越えられる力を持っているのでは 無いでしょうか… 彼等は 少し 焦り過ぎたのかも知れません。きっと 違う世界で幸せに暮らしていけると 願いたいですね…。

クロさん。コメント有り難う御座います。 余り感情を揺さぶる事は許されない事ですが…生まれ変りまた出逢い幸せになって貰いたいです。

人生は、ままならない。悲しいけど天国で家族仲良く暮らしてほしい。

とても悲しいお話ですね。。 きっと天国で家族3人、仲良く暮らしていますよね(´;ω;`)

紫雲さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード