夜中にAくんは彼女とドライブに行った。
人気のないところに車を止め、シートを倒し、星を眺めていた。

「Aくん、私のこと好き?私はこんなに好きだよ」
彼女の顔が星空を隠す。
じっと見つめ合うAくんと彼女。

「したいの…Aくん…」
上気した顔でつぶやく彼女を、Aくんはいつまでも瞬きせず見つめていた。


解説はしたです。





「Aくんは瞬きもせず見つめていた」と
いうところから、目を見開いて殺されている。
「したいの…Aくん」は、死体のAくん
という意味。
彼女が別れ話でも切り出されて、
語り手を殺してしまったのだろうか?

殺してでも自分の物にしたいという願いは、非常に怖い物である。

この怖い話はどうでしたか?

コメント

匿名さんの投稿(4)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード