その子を初めて見たのは 母親に連れられ 説法を聞きに お寺に来ていた時でした。
若い子には 退屈な話の様で 彼女は下を向いたり 庭を眺めたりしていました。

私は廊下の隅に座り その様子を微笑ましく思いながら見ていると 私と彼女の目が合い 彼女はばつが悪そうに 前を向き大人しく説法を聞いていました。

休憩の時 お茶やお茶請けを出した後 彼女に声を掛け 別室に招きました。

私 「随分 若い方がお見えになってると思っていたのよ。でも…退屈でしょ?」

と 微笑みながら言うと 彼女も頷いて 笑顔になりました。

私 「高校生ぐらい?」

彼女 「はい。2年です。」

私 「こういう所は 初めて?」

彼女 「はい。お母さんがどうしてもって言って…」

私 「名前 聞いてもいい?」

彼女 「あっはいっ。美咲っていいます。」

私 「お母さんがどうしてもって…何かあったの?」

美咲 「最近…私が良く怪我をしたり 頭が痛くなったりして…でも…病気とかじゃ無いみたいで…だから お母さんがここに来てみようって…。」

私 「そう……他には?何か無い?」

美咲 「えっ !? あのぉ……。」

私 「ああ…ごめんなさい。私は このお寺さんにご縁がある者で 紫雲と言います。」

美咲 「いえっそうじゃなくて……何で他にはって…?」

私 「ああ…そっち……分かっちゃうのよ。そういうのがね。」

美咲 「って事は……霊能者とか?ですか?」

私 「ええ…一応。」

美咲 「っ助けて下さい ‼ 私…もうどうしたらいいのか分からなくて……お母さんには 部活でぶつけたって言ってるんですけど…。」

そう言って スカートを捲ろうとしたので 制止して 辺りを見て 障子を閉めました。

美咲 「あっ……すみませんっ。」

私 「いえ。大丈夫よ。それで?」

そう言うと 美咲さんは スカートを太腿まで捲り上げると

美咲 「これなんです…。ある日突然 こんな 大きなアザが出来てて…ぶつけたとかじゃ無いんです…こんなアザが出来るぐらいなら…自分で分かりますよね?」

私 「んー…ちょっと触るけどいい?」

美咲 「はい。大丈夫です。」

そっと 美咲さんの太腿に触れる。

私 「痛みは無いの?」

美咲 「まったく…無いです。」

私 「ちょっと ここで待っててくれる?」

美咲 「あの……。」

私 「心配しないで。ちょっと道具を取りに行

この怖い話はどうでしたか?

コメント(10)

東京に住んでる者です 家は、代々神社の御神体を護るいえですが、そういうお願いよりお清めの方が多いです 紫雲さんの使っていたお払いは、反鏡方の様に思いますが、良く間に合いましたね! 呪詛は多かれ少なかれ、返されたときには命に関わりますし… 正しくなくても、人形を用意してなかったところを見ると初心者ですかね?

凄い話!

妙心さん。コメント有り難う御座います。 目に見えない 感じないなら 無理して見よう 感じようとはせずに それは 個人々のある種の能力であると捉え 出来るなら 心霊スポット等に出向く事が無くなれば良いと思います。私の元に相談が寄せられる中の7割りは 心霊スポットに行ったというものなのですから。。。

結果が良かったです。沖縄県民です。沖縄には神がかり的な事で禁断の地に入り人が亡くなる事がある。自業自得でしょうがないけど、結果が最悪なパターンが多い。

豆腐さん。コメント有り難う御座います。 知らない話ほど 怖いものはありませんよね…。

人間の理解を超えた真実は、数知れずあります。これを体験する方は「霊感」を備えていたり、「仏」を崇拝する方です。このような現象を恐れたりすることはないと思います。よほど悪事を重ねてきた「因縁」を背負っている方以外は・・・。また、いたずらに心霊スポットを訪れる方は要注意。

怖いですね。些細な事でも、呪いになってしまうのですね。

こわっ

匿名さん。 コメント有り難う御座います。 探せば案外身近に居たりするものですよ(*^^*)

紫雲さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード