ある日の夜 寝ている私の耳元で 助けを求める声をキャッチしました。
途切れ々に聞こえる その声は 何処から発せられているものなのかまでは 分かりませんでした。



そんな時 弥生から相談を持ち掛けられた。
弥生の友人の男性( H )から悩みを打ち明けられた 弥生は 話の内容から 病気では無く 霊的なものでは無いのかと疑い 私の元を訪れたのだと 言いました。

Hさんの悩み事というのは Hさんの奥さん( I )の事でした。
それはHさんとIさんが 結婚して暫く経った頃 その日2人はソファーに座り DvDを見ていたそうですが その時 突然 奥さんが 勢い良く立ち上り 「無礼者 !! お前は 秩序というものを知らんのか !! 」 と言い出したそうです。

料理を作るのに 包丁を握れば 「 後生ですから 死なせて下さい !!」というと 自分の胸に 包丁を突き立て様としたり あらゆる所で 突然 人格や人相が変わり 目が離せない状態が続いて Hさんは困惑しながら ネットで Iさんの症状を色々と調べ 統合失調症や鬱病などと比較してみたり 心療内科や精神科を夫婦で回りましたが 原因が分からず また 症状も次第に頻繁になり 外出先でも Iさんは 突然 子供になって 見ず知らずの他人に お菓子や玩具をねだったり そうかと 思えば 突然 若い男性になり 喧嘩をふっかけ様としたりして その都度 Hさんは 警察から呼び出しを受ける日々が続き 仕事もまともに出来なくなり 憔悴しきって街を歩いていた時に 通り掛かった お寺での 御霊供養という案内板を目にし 藁にもすがる思いで Iさんを連れて行ったそうです。

そこで Iさんには 悪霊が憑いていて それが悪さをしているのだと 言われたHさんは 何とかしてくれと住職に言うと 住職はお祓いするには 20万掛かると言われ Hさんは それで良くなるならと20万を支払い Iさんは お祓いを受けたそうですが 以前と変わり無いIさんを見て Hさんは ネットで霊能者を探し 高額なお金を支払い お祓いを受ける日々が続いたそうです。

お祓いを受けても 良くならない事を 問うと お布施が足りないのだと言われるだけだったそうです。

貯金も減って来て これ以上支払うお金が無くなって来た頃に 騙されていたんじゃないか?と思い始め 弥生に連絡が来たのだということでした。 そして その話が そっくり 私に回って来たので

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

匿名さん。コメント有り難う御座います。 「 本 」 ですか…? いえ。私は 表立つ事は致しません。メディアに出るという事は 徐々に『能力』を失う事に繋がりますので…。良くTVに「霊能者」の方々またはスピリチュアル等の方々が出演されていましたが… その方々は 力が失われたり 弱まったりするので 表立ち姿を現す事が出来ずにいるので。 「霊能者」と言えど 人間ですから…大金を手にすると 人が変わってしまうもの…。欲に溺れれば 「 能力 」を失う事になる。それは 教えに背く事でもある それを知っているから 表立つ事は致しませんし また お祓い等を承っても私は 1円も受け取る事は有りません。

本を出版してみては?

紫雲さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード