これは私の母から聞いた話。怖いというよりかは不思議な話ですので、それでも良いという方はこのままお読み下さい。





私の母が大学生だった頃、母は道端で捨てられていた猫を飼っていました。母は猫が大好きで、その猫を大事にしていました。
その猫はよく外に出かけました。帰ってくる時は大概、他の猫と戦ったのか、ひっかき傷だらけで、そのたびに母は応急手当をしてやり、ひどい時は病院にも連れて行きました。猫の方はそれをどう思っていたかわかりませんが、自分の傷が治ると、また何処かに出かけていき、そして、お礼と言わんばかりに捕まえた大量の虫や、鳥の頭を母のもとに持ってくるのでした。母は苦笑いしながらも「ありがとう」とそのたびに褒めていたそうです。


そうして、そんな日が続いたある日、猫が外に出て行ったきり帰ってこなくなりました。一週間経っても二週間経っても帰ってきません。さすがに心配になった母は、その猫を探すことにしました。
必死に探して、ようやく隣町の空き地の草むらの中でその猫を見つけました。猫は血だらけになって倒れており、もう息をしていませんでした。母は悲しみながら、このままにしては可哀想だとしっかりと供養しました。



供養はしたものの、猫が亡くなったことがあまりにも悲しく、その日はなかなか寝つくことができなかったといいます。朝も近くなった時、ようやく母は眠りに落ちました。そして、夢を見たのだそうです。


暗闇の中に美しい赤色の着物姿をした誰かがいました。その人の周りだけは明るく、やけにはっきりと見えたのだそうです。着物を着ているのは誰なのか、近づいて見てみると、着物を着ていたのは、なんと、あの亡くなった猫でした。
着物を着たその猫は、こちらに向かって深々とお辞儀をし、こう言いました。



「こんな私を拾って、育ててくださり、ありがとうございました。そして、供養までして下さったのですね。おかげさまで、このような美しい着物を着て、向こうへ行くことができます。今まで大変、お世話になりました」


そう猫が言ったところで母は目が覚めました。母は寝ながら泣いていました。
猫がわざわざ伝えに来てくれたのか、それはわかりませんが、母は今でもその思い出をずっと大事にしています。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

読んでいて、涙が出ました!動物は恩を、知っています。大事にされた猫、犬とは又虹の橋で会えると信じております❗私も6匹の猫を看取りましたが、又会いたいです。今は4ニャンズ居ます。亡くなったにゃんこを見たときのお母さまの心情お察し致します。夢で挨拶に来たのですね。感動致しました。

随分前ですが、当時飼っていた猫(ちび)が、遊びに行ったまま戻らず、行方不明になりました。ある日の朝、布団から出ようと思っていたら金縛り、身動き不能に…間もなくドアが開く音がして、私の顔にちびの顔が触れて、ゴロゴロ甘え、毛の感触も感じながら嬉しくて涙が…安心したのは、つかの間でした。ちびがドアから出て行ってしまい、それが最後になりました。この時を思い出すと胸が締め付けられます。

感動しました。

尾端さんの投稿(6)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード