※注意※

この話は 交通死亡事故の話です。
途中 気分を害する文章が含まれます。
苦手な方は ご遠慮下さい。
読まれた後に 不満をコメントされてもスルー致しますので ご了承下さい。





この話は未だ犯人が捕まっていない 未解決の交通死亡事故の話です。

被害者は 私とも面識のある とある土木関係の仕事をしていた 人夫さんの一人です。


それは 私の予兆から始まりました。

ある日 建設会社の社長さんと話をしていた時 その被害者となるKさんが 社長さんに借りていた道具を返しに訪れました。

暫く 私達と世間話をした Kさん(♂)は同居していたIさん(♂ Kさんと同じ人夫さん )と食料の買い出しに行く約束があるからと言って 帰宅する為バイク(原付)に跨がると 見送りに出た私と社長さんに会釈をして帰って行きました。

その後ろ姿を見てて 何と無く嫌な 本当に心臓がドクンッと大きく脈を打つ感じで とても不安になった気持ちが合わさって 表現しがたい感情になった時 「ああ……もうKさんには 会えない。」という気持ちに成りました。

私が『死の予兆』を感じた時 約一週間以内に何かが起こる事が分かっていたので 後日 Kさんには伝えていました。
「成るべく 夜間の外出は控える様にと……。」

その間 二度ほど Kさんに合いましたが 私の忠告も虚しく Kさんは他の職場の仲が良かった人夫さん達と飲みに出掛けてしまいました。

その日の深夜 Kさんは 還らぬ人となりました。

Kさんが事故に遭った場所は メインの道路から1本奥に入った 裏道でした。

この裏道は 飲み屋街で飲んだ人達が 飲酒運転をして 行き来する事で有名な通りでした。
Kさんは お酒に呑まれる方なので かなり飲んでいたのだろうと思います。( Kさんは徒歩 車の免許を持っていない。 )

私が訃報を耳にしたのは 早朝 5時のラジオのニュースでした。
名前を聴いて驚きました。新聞を取りに行き 玄関先でバサバサとページを捲り 地域の事故の所を見ると やはり Kさんの名前が載っていました。

アチコチ連絡を入れたかったのですが 早朝という事もあり ご家族の方にも迷惑だろうと その時は 思い止まりました。

その日は 朝からバタバタして アチコチ電話をしたり 掛かってきたりで 落ち着けず 気が張り詰めていました。

状況を聞こうにも 家族でも何でもない 私が警察署

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

匿名さん。コメント有り難う御座います。 どこに逃げ 隠れているのかも分からないですが…毎夜 夢に魘され続け 脳裏に焼き付いた光景を抱え続け 生きているのでしょう…と思いたいです。そして 自らの足で 出頭する事を願わずにはいられません。 Kさんがあの場所を離れ 上にあがれる日が来るまで…遺族の方々や私達も忘れる事は 無いのですから…。 供養のお言葉 有り難う御座います。

犯人が、何処かで罰を受けていると信じたい。kさんが、天国へ行けますように!

紫雲さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード