2、3年ぐらい前の話です。
2、3年くらい前の俺は遠距離恋愛でお付き合いしてる人がいました。
月に1、2回彼女が会いに来てくれたり俺が会いに行ったりしてました。
そしてこの話は彼女が初めて俺の地元に来て会いに来てくれた時の体験です。
そのあった日はお互い次の日は仕事も休みで暇だったので彼女が家に泊まって明日の夕方くらいに帰る予定でした。
2人でいろんな所に出掛けていろんな買い物もしてそんなこんなでいつの間にか夜になってました。
そして家に帰ってきて2人で「疲れたね」とかなんとかいろんな事を話してたのを今でも覚えてます。
いろんな事を話しているうちに俺は腹が減りました。
そして俺は「コンビニ行かない?」っと言って彼女を連れてコンビニに行く事になりました。
俺の家からは表道、裏道どちらからでもコンビニに行けたので俺は少しいたずら心が出てしまい夜になると不気味な程暗い裏道から行く事にしました。
そのいたずら心は怖がる彼女を見たくて裏道を行く事にしました。
暗い道を歩いていると俺の顔に糸に引っかかった感覚がしました。
俺は「うわっ!蜘蛛の巣に引っかかった最悪!」と言って顔に手をあてると顔には何もついていませんでした。
俺は「あれ?なんもついてない、なんかたまにこうゆうことあるよね」と笑いながら彼女に話しかけると彼女がいきなり
「ねぇ?知ってる?」と言い出しました
俺は「何が?」と言ったら彼女が
「蜘蛛の巣に引っかかってでも何もついてない時って霊とぶつかった時なんだって」と言い出しました。
俺は「え?マジで?」と笑いながら言うと
彼女が俺にこう言いました
「怖い話とか幽霊とか大丈夫な人?」と聞かれたので俺は
「そうゆうめっちゃ好きなんだよね」と言いましたそしたら彼女が
「うちね、自分でもわかるぐらい霊感が強いんだ」と言い出しました
「じゃ俺がさっき霊とぶつかったかもしれない時も見えてたって事?」と聞くと
「ぶつかったかもしれないって言うかガッツリぶつかってたょ?ぶつかったって言うよりかわすり抜けたって言った方がいいのかな?」と彼女は言い出しました
俺は少し鳥肌がたちました同時に気になる所があるから見てもらいたいと言う感情も出ました
俺は彼女に
「じゃ霊感があるなら俺でも気になる所があるから少しそこ見てもらっていい?」と言ってコンビニに行くのを辞めてそこに行く事にしました。
俺は気になる所は家の近くにある電柱が前から気になっ

この怖い話はどうでしたか?

コメント

稜さんの投稿(2)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード