この話は今から18年前に 私の身に起こった出来事です。


当時 住んでいた家( 独り暮し時 )は 父親の母(私からしたら祖母)の弟の奥さんの親類にあたる方の物で 築40年以上ほど経っていた 木造の一軒家を借りていました。( 5年以上放置状態 )


もう取り壊そうかと思っていたという事で 自由にリホームしていいと言われたので アチコチ 手を入れさせて貰いました。


その家は 玄関を入ると 昔でいう 土間が 台所まで ずーっと続いていましたので 一々 台所に行くのに サンダルを履かないといけない不便さを無くす為に 土間の上に板を張り フローリングに変え 部屋から台所に行く時の不便さを無くしました。

トイレは 隣接していた 小屋の方にあり 家とは少し離れていたので どちらかと言えば 外にトイレが有るような感じでした。( 汲み取り式 )


部屋は 玄関から入って右側に台所 台所に隣接した小屋がありその小屋に御手洗い( 汲み取り式 ) があり 玄関の真正面に6畳間が一部屋( 居間 ) 玄関の左側に縁側があり その縁側続きの6畳間( 寝室 )が一部屋 その奥に4畳半の部屋( 物置き )がありました。(分り難かったら すみません。)

隣の家との間が 1mも離れていなかった… 4畳半は 陽が入らず 暗くジメッとした部屋でした。
( 何より 4畳半の窓を開けると 隣のトイレが目の前にあったので ビックリしました。窓を開けるのは 掃除をする時だけでした。 )
4畳半の部屋には 押し入れもありましたが…先客が居座っていたので 保々 物置き場にしていました。( 先客は 青大将という 蛇です。 )

問題があったのは 縁側続きの6畳間( 後の寝室 )でした。
この部屋には 押し入れは勿論 あるのですが…その押し入れを 無理矢理 切り開いた様な形で 仏壇が置かれていました。

大きい物では無く 今で言えば アパートや団地等の部屋に 置くような 小さい物でしたが その仏壇の所有者?が全く分からなかったのです。

仏壇があった下に 戸棚があり そこを 開けたら…… 位牌と骨壺が入っていました。
骨壺の中にお骨もしっかり入っていました。( お坊さんが開けました。 )
位牌は 相当 古い物らしく 戒名さえ 読めませんでした。骨壺と一致しない 数の位牌が 詰められてました。

誰の物か いつの時代の物かも分からず 家系図を広げ 訊いて回

この怖い話はどうでしたか?

コメント(4)

つんこりんさん。コメント有り難う御座います。 まぁトイレはあるだけいいかな…と。お風呂が無かったから そっちの方が困りましたけどね( 苦笑 ) 親戚に借りたら家賃とか払わなくていいので 多少の不便は 我慢でした。

私だったら即逃げてます。やっぱり力のある方は、肝が座っていますね。沢山の魂、救えて良かったです。霊さん達も紫煙さんに出会えたから成仏できたので、感謝していると思います。蛇の話し楽しみにまっています。無理しないでゆっくりで…(^-^)v

そんなトイレも隣接されてる様な古い家に住もうと思った方が凄いです。お話は面白かったので楽しみにしてます。

匿名さん コメント有り難う御座います。 本当は もう一軒あった方に住む予定だったのですが……呼ばれたんでしょうね…あの家に。 骨壺をお墓に移される事も無く 放置されて 挙げ句 彼等を知る人間が一人もいない その無念さを考えたら…(笑)こういうのが 駄目だと怒られるんですけどね… また 投稿しますね。(*^^*)

紫雲さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード