いないのだ。なおも続ける。「玄関右手には、やはり同じようなドアがあって、その向こうは茶の間になっている。その突き当たりに襖があって」「……もういい」「階段を上がると、部屋が三つ並んでて………」「もういいって言ってんだ!」私は思わず怒鳴り声をあげていた。
「その1番奥の奥に………」「よせっ!」
「女の人がぶら下がってんのよぉー!」
その日以外、彼女とは会わなくなった。
(怖い10来たら、また書きます!)

この怖い話はどうでしたか?

コメント(5)

前のお話は、色々とダメだったので消しました。次は、自分で考えた怖い話にします!本当にすいません!

怖かったならよかったです。

出来たよ!あるホテルの出来事です! 検索してね!見た人コメント宜しく

ふつうに怖いです。

皆さん!ありがとう〜今日書きます!書いたら、またコメントで題名書きます!待っててください!

鬼灯2さんの投稿(9)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード