このタイトル。
本来なら 行きはよいよい 帰りは怖い ですが…

今回は 逆で 行きは怖いが帰りはよいよいって感じの話です。


もう 20年以上も前の事なので 場所がはっきりしませんが H県のある寺院に行きました。

敷地を回り 建造物を眺めながら 友人と二人でのんびり 歩いていると 友人が 寺院の敷地から 神社に上がれる 看板を見つけました。

友人 「あっ鳥居があるよ?あ~神社があるみたい。行ってみよ~。」

そういって スタスタ歩いて行く友人の後を追い歩いて行くと 確かに上に神社がある様でした。

友人 「見て!! この階段 !? 石大きすぎ‼ 」

私 「うわぁ凄いね!! 階段を上がるじゃなくて登るレベルじゃない? 」

友人 「行ってみようよ‼ 」

私 「えっ⁉ 昇るの?これ……。」

友人 「折角来たんだし 行こうよ‼ 」

私 「じゃあ少しだけ 行ってみるか‼」

と 入り口で喋って 鳥居をくぐった瞬間 何か嫌な感じがしましたが 敢えて言わず 石段を昇って行きました。

途中 竹が生えていたのですが どの竹も枯れていて 雑草の様な草も 枯れていました。

私 「竹って結構 強い植物だけど 何で枯れてるんだろう?草まで枯れてるし……。」

友人 「除草剤でも 撒いたんじゃない?草を枯らそうとしたら 竹も枯れたみたいな…。」

私 「そうかなぁ?でも 何か嫌な感じがするんだけど……。」

友人 「またぁ~ 気にし過ぎだって‼ 」

私 「下じゃ 鳥の鳴き声とかしてたけど…ここは鳥の鳴き声もしないし…なんか暗くない?」

友人 「そうかなぁ?良くわかんないや‼」

そんな話をしながらも 上にある 神社を目指して昇って行きました。

石段の高さが よじ登る感じなぐらいあったので( 感覚として )疲れてしまい 途中で休憩した時もどう 辺りを見ても ご利益がありそうな 神社では無いような気が取れずにいました。

私 「何か 下と雰囲気違うね。まるでここだけ 空間が死んでるみたい…。」

友人 「そう言われるとそんな感じもするけど…単に 木が覆い被さってるから そう感じるんじゃないの?」

私 「ん~そうかなぁ?」

友人 「取り合えず 上に行けば分かるでしょ?」

少し休んだ後 また 石段を昇りました。
そうして やっとの思いで 着いた 先にあったモノは 頭と腕が無い お地蔵様でした。

友人 「うっ

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

NO NAME さん。コメント有り難う御座います。そうですね。何処にでもある…。存在しているもので そういった場所に巡り会うのも 紙一重なんですよね。。。

禍神様とそれを鎮める神様的なとこか。 良くあるでそういうの。

紫雲さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード