ある日 一人の女の子が 黒猫を抱いて必死に走っていました。

可愛がっていた 黒猫のお腹が 膨らんでいたので病気になったんだと思い 動物病院へ走って行きました。

息を切らしながら 漸く動物病院に着き 扉を開けて 病院の中に入ると 受付の所に オバさんがいたので 女の子は 猫を見て欲しいから 先生にお願いしてと言いました。

オバさんは 「ちょっと待っててね。 」 と言って診察室の方に入って行きました。

すると すぐオバさんが出てきて 女の子に 尋ねました。

オバさん 「お金持って来てるかなぁ?」

女の子 「持って無い。」と言うと

オバさん 「お金無いと診察出来ないんだけど? 」

と 言われましたが

女の子 「後でお母さんに貰って来るから‼」

と少し泣きそうになりながら お願いしました。

でも オバさんは お金が無いと診れないと繰り返し 挙げ句 ドアを開けて 「お金持って来たら診てあげれるからね。」と女の子を帰しました。

女の子は また走ります。
黒猫は 息が苦しそうです。
泣かない様に我慢していましたが 走りながら女の子は 泣き出してしまいます。

それでも 走って 家に帰り まねき猫の貯金箱をリュックに入れ 背中に背負うと 黒猫を抱いてまた 病院へ 走ります。

涙で 何もかもが二重に見えます。
それでも 女の子は 走って行きました。

病院に着いて 扉を開けると オバさんがビックリした顔をしていました。

女の子は 猫を ソファーに下ろすと背負っていたリュックを降ろし まねき猫の貯金箱をカウンターに置きました。

女の子 「お願いします。先生に診て欲しいです。」
と言いました。

オバさんは 貯金箱を開けて 中のお金をカウンターに出します。
女の子がお小遣いやお手伝いをした時に貰って貯めていた お金です。

642円。

オバさんは困っていました。
そしたら 診察室から先生が出て来ました。

女の子は先生に駆け寄って言います。
「お金持って来ました。足りなかったら後で絶対 お母さんに貰って来ます。お願いします。」と言って ソファーに横になってる 猫を見ました。

先生は ため息をついた後 黒猫に触って こう言いました。
「この猫 オシッコ出てた?」
女の子は分からないと答えます。

先生は「ちゃんと治療しないと 3日で死ぬよ?」と言いました。

女の子は 死ぬという言葉に ショックを受けま

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

最悪… 気分悪いです

紫雲さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード