俺は高校卒業してすぐに電話屋になった。

電話屋って、引っ越したりしたときに電話とかネット回線申し込んだら家に来る人。

日本じゃ皆さんご存知のアルファベット3文字のでっかい会社の工事作業員。
下請けの下請けみたいな会社に所属してたけど、給料は別に低くなかったんで10年くらい続けてた。

パソコンに向かって1日過ごすのが苦手な俺にとっては悪くない環境。
作業車でお客の家をだいたい7から9件くらい回る。
配線して、電話線繋いで、電話とか使えるようになったら終わり。

色んな人ん家に上がるわけなので、毎回の作業環境は様々なわけ。
引っ越し終わってすぐのグチャグチャの家から整理整頓されてピッカピカの新築、俺の同情を誘うような寂しい一人暮らしの家やごみ屋敷みたいな家まで。本当この世の中色んな人がいるなぁって毎日思う。

その日は確か午前中の工事がいつも以上に押しちゃって、午後のお客さんを回る時間が遅くなってた。
秋から冬に変わるくらいの季節だったこともあって暗くなるのが早く、午前中の段階で結構焦ってた。

時間を取り戻そうと昼飯抜きに頑張ったけど、最後のお客さん家に向かう時はすでに午後の7時を回ってた。

お客さん家は閑静な住宅街にあって、車から降りてみると色んなとこから夕食の匂いがしてた。
「俺は昼飯も食ってないのに・・・」なんて思いながら準備を整えて、お客さんのインターホンを押した。

返事が返ってこない・・・。
家に明かりがついてないし、なんか玄関前も雑草伸び放題の怪しい雰囲気。
「もう遅いから出かけちゃったかなー」「不在だったらそっこーコンビニ行って飯だ」なんてことを考えてたら、

ガチャッ・・

中から50代後半のおばさんが出てきた。
俺の母ちゃんも同じくらいの年だったから俺の読みは間違ってないと思う。
そのおばさんはすごくやせ細っていて、化粧もしていなかったから家の雰囲気とマッチはしてた。

「遅くなって申し訳ございません」ととりあえず謝ると、「はぁ、いえ。どうぞ」と小さな声で家に入れてくれた。

家の中は、すごく物が多くてごちゃごちゃしてた。ゴミの臭いとかしなかったので一安心。

とりあえずこのお客さんのオーダー票を見てみると、電話線の劣化か何かで故障が起きている旨書いてあった。
「お電話の調子が悪いと伺ってますが・・?」と、とりあえず様子を聞いてみた。
「あぁ、なんかね、電話繋がらないことが多いんです。受

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

わかりやすい内容、久々にに震えました。

息子さんの方が強いですが……亡くなった事に気付いてないですね。コンセント抜かれていようが 電話線繋がってなかろうが 掛かって来ますよ。 多分……電話機かえても 番号かえても 掛かって来ますよ。 だって 家に居ますから…。

作業員さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード