夜の裏通りは不気味だ。いくら三人一緒にとはいっても、やはり気味が悪い。

俺たちは今、塾の帰り道。3台の自転車をたて一列にして走る。

「なーんか、夜の観覧車ってでかく感じるなぁ」

そう、俺たちはそれほど大きくない、地元の遊園地の脇を通っている。

大通りよりも、こっちのほうが近道なんだ。

「あれっ?」

悠介(ゆうすけ)のすっとんきょうな声の共に自転車も止まった。

「なんだよ、変な声出すなよな」

おくびょう物の健太が、ゴクリとつばを飲み込みながらそう言った。

「だってほら、裏口の扉が開いてるぜ」

本当だ。遊園地の裏口が開いてる。
俺はサドルから飛び降りた。

「いっちょ、入ってみるか。誰もいない夜の遊園地なんて、めったに入れないぞ」

俺の言葉に、悠介と健太は顔を見合わせ、ちょっとの間を置いてからこっくりとうなずいた。

三人がそれぞれに自転車のスタンドを立て、鍵をかける。

裏口の扉は、ちょうど俺たちがまっすぐ立って入れるくらいの大きさだ。

大人だったらわ腰をかがめなくちゃ入れないだろうな。

田舎の遊園地だからか、夜は7時までしかやってないんだ。

どこもかしこも照明が消されて、辺りは真っ暗。

だけど..........あれっ?

「なんかさぁ、観覧車、動いてるような気がするんだけど」

健太の言葉に、目の前の観覧車を見上げる。

「本当だ。何だこれ。動いてるじゃん」

「もしかして、係の人が明かりだけを消して、モーターのスイッチを消し忘れたんじゃねえの?」

「そんなドジな話があるかなぁ」

ちょっと信じられなかったけど、現実に動いているものは動いてるんだ。

「ふーん、『事実は小説よりも奇なり』ってやつだな。............おい、これって乗れるんじゃないかな」

そうだ。きっと乗れる。だって観覧車の扉って、係の人が手で開け閉めしてるもんな。

「よっしゃ、確かめてみようぜ」

俺を先頭に柵を乗り越え、観覧車の真下にきた。

そして目の前を通過しようとする観覧車の扉に手をかける。

「おい、開いたぞ。そりゃっ、乗っちゃえ!」

見事成功!

「やった。これ何周してもただだぜ。すげえラッキー!」

悠介も健太も大はしゃぎだ。まあ、俺もだけどね。

とりあえず各自がケータイで、「健太の自転車のチェーンが切れたから修理している。だからちょっと帰りが遅くなる」って電話した。

これでしばら

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

幽霊は人間ばっかり楽しんで自分も遊びたいって思ってるんですね...。 知らなかった(ーー;)

うん。遊んでるね。普通に……

みゆきさんの投稿(3)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード