33歳……大厄だという事を すっかり忘れていました。


誕生日の前の日 仕事場の同僚や後輩達と食事をしていました。

食事を済ませた後に 後輩がどうしても カラオケ

に行きたいと言い張り 仕方無く私達も行くこと

になりました。

食事を終えたのが 21時頃だったので カラオケ

に2~3時間付き合っても いいかな?ぐらいの

軽い気持ちでした。

カラオケ屋に入り 2時間が過ぎたぐらいの時に

突然 HAPPYbirthdayの曲が流れ 後輩がケーキを

持ってドアから入って来ました。

後輩(A)「 紫雲さぁん お誕生日おめでとうございま~す !! 」

一同 「 おめでとう‼ 」

私 「 ありがとう。 」

後輩(B)「 さぁ~どんどん歌いましょう!! 」

それから30分が過ぎようとしていた所で 歌のレ

パートリーが無くなって来た 後輩(A)が「 そろ

そろ帰りましょうか?」と言い私達は帰る事にな

りました。

アルコールは飲まないという事で 各々 自分の車

で来ていたので 暫く外でお喋りをしてすんなり

帰る事が出来ました。


そして 思い出した。

今日( 時間が午前0時になったので )は誕生日。33歳の……!!

車を運転しながら 時計を見ると 午前0時18分。

近道をしようと 道を思い出そうとしていると 時

速50Kmで走行していた車の後ろの左側の窓を

コンコンと叩かれました。

このまま 裏道を走っていては ダメだと 思い立

ち 国道へ出ようと ハンドルを切ると 口惜しい

とでもいう感じだったのか?

車の屋根を思いっきりダンッダンッと 叩かれました。

成るべく 考えない様にしようと思えば思うほど

時間が気になり 交差点で信号につかまった時に

チラチラと目の端で 時間を見ていました。

裏道を走っていた為に 随分 道を戻って国道へ出

ていたので 時刻は 0時39分になっていました。

私の家まで どんなに急いでも 信号につかまれば50分は 掛かってしまう…。

何処かに車を止めて回避する事も考えました

が……何をどうしたって 回避は不可能に近い状

態。私だけなら 何があっても構わない。

24時間営業のスーパーマーケットの端の方に車

を止めようとも考えた でも 何があるかは私にも

分からない。分からないからこそ 車を止める訳

にはいかなかった。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

匿名さん。コメントとお心遣いありがとうございます。夜中に投稿したので 寄って来てました(汗) 私に来る分なら何とでも成りますが……他人様を巻き込む様な事は 昔から嫌いなので そう思う気持ちは 性分なのかも知れません。匿名さんは霊との波長があってしまっての お持ち帰りだったのでしょうね。多分 その場( 伏せます。 )に行かれた時に 何と無く気持ちがザワザワとしたのでは無いでしょうか?自分は平気だと思っているのに 何か変な気持ちや感覚がある時は 守護霊からの警告なので お持ち帰りを防ぐ事も出来ますよ。

体長はいかがですか?投稿はゆっくりにしてくださいね。余りにも壮絶な宿命で…その分、守護様の力が最強なのも分かります。私事ですが、十代の頃、とある場所に行くと帰りに必ず車のに中で金縛りに合って、(自宅へお持ち帰り)周りに迷惑をかけるので、免許を諦めました。紫雲さんは、車のことだけではなく、全てに神経を使うので、大変過ぎますね。

紫雲さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード