この話は 私が四国にお遍路巡りに行った後に 私の友人(弘美 仮名)の友達に起こった話になります。

それは 真夏の真夜中に 弘美から受けた電話から始まりました。

私 「はい。もしもし?」

弘美 「ごめん。紫雲。直ぐに来て。お願い。私じゃ多分無理。お願い紫雲 助けて!」

切迫した声とこちらが息苦しくなるくらい 弘美の呼吸が早くなっていて それだけで とんでもない事が起きたと分かりました。

ただ 何があったのか?が分からなくて 弘美を落ち着けようとしました。

私 「弘美 落ち着いて話して。何があったの?」

弘美 「お願い紫雲…助けて…よぅ」

私 「泣いてないで話して。話さなきゃ 今の状況は悪化するだけだよ?落ち着いて 大丈夫だから 弘美が 私に連絡くれたからもぅ大丈夫。 だから順を追って話して。」

弘美 「分かった…話すから 助けて…」

私 「分かってる ちゃんと助けるから約束する。」

弘美 「私の友達が 肝だめしだって言って 他の友達と4人くらいで 行ったらしくて そしたら 友達の他の友達の彼女がおかしくなったって 私に連絡が来て 今〇〇〇橋の所に居るんだけど 私じゃどうする事も出来ないよぅ…。」

私 「〇〇〇橋に居る?」

弘美 「うん……」

私 「弘美………まさか?!」

弘美 「う…ん…紫雲が思った所…」

私 「弘美 分かってるよね?」

弘美 「………分かってるよ…でもっ!!」

私 「やれるだけはやってみるよ…覚悟してて 弘美の友達たちにも そう伝えておいて。今から行くから。」

弘美 「はぁ……分かった話す…紫雲 ごめん。」

私 「待ってて。」

電話を切り 私は直ぐに着替えて 必要な物をバックに投げ入れて 家を出た。

弘美の友達たちが行った場所は 人が立ち入ってはいけない場所でした。
ですが…本来なら どうやっても入れないはずでした。でも入れた。そして 女の子がおかしくなっている事に 嫌な汗が背中を伝いました。

車を走らせていて とても 怖くて仕方ありませんでした。
私でも……無理かもと…。

それでも 〇〇〇橋へ急ぎました。

私の家から〇〇〇橋までは 一時間近く掛かります。でも だからか?分かりませんが急いでいる時は、稀に 空間を跳びます。時間を短縮して早く着く事があります。

決してスピードを出しすぎてるとかではありません。

その時も 20分も早く着きました。

この怖い話はどうでしたか?

コメント

紫雲さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード