これは、私が福島の実家に住んでる時に、体験した。最も不思議な体験をしたので、ここに書きたいと思い、投稿しました。

あれは、ものすごく暑い夏の出来事でした。

母「Yっー!ちょっと、お母さん出かけてくる」
私「はーい!」
母「Aも行くっていうから、1人で留守番お願いね。」
私か「わかった。」

それで、母と妹は出かけて行きました。
その時、わたしは2階にいました。
私は無性に眠たくなり、寝てしまいました。
午後14時半すぎに、家のチャイムがなり、私は2階から急いで降りてきて返事をしました。

玄関の扉をあけると、そこには誰もいませんでした。
あれ?おかしいな。チャイムがなったはずなのになと思いながら、玄関の扉を閉めて、自分の部屋に戻って、すぐにまた横になりました。

また、家のチャイムがなりました。
また、したに降りてきて返事をして、玄関の扉をあけると、また誰もいませんでした。

本当に誰なんだよ、まぢで勘弁してよーと思いながらテレビがある居間に倒れこみました。

それが何回も続いて、私は不思議な気分と不愉快な気分が続きました、

すると、母と妹が帰ってきました。
母・妹「ただいまー」

私「あっ・・・おかえり・・・」

妹「姉ちゃん、どうしたの?w」

私「いや、ちょっと暑くてバテてるだけ・・・w」

妹「あ、そうなんだ」

母「クーラーつければいいでしょ!」

私「わかった~」

私はさっき体験した出来事を母に話すことにしました。

私「お母さん、さっき不思議な体験をしたんだ。」
母「不思議な体験?どんなの?」

私「さっき家のチャイムが2回なってさ、はーいって言って玄関の扉を開けたんだけど、誰もいなくて。」
母「なんだろうねー。それ、お母さんも似たような経験したよ」
私「え?そうなの?」
そういうのに、詳しいおばさんがいるので電話で聞いてみたところ、それは亡くなった昔の先祖だったことがわかった。

私は今でも忘れてはいません。

これで私の不思議な体験の話を終わります。

文面がわかりにくくてすいません

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

昔の亡くなったご先祖様が 訪ねてきた詳細が知りたい所ですけれど…。 最初に あなたが眠くなった時が ご先祖様があなたを禍から回避させたように受けます…。

ゆーにゃん@霊感持ちさんの投稿(1)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード