私の家族は土木関係の会社を経営している父と母、そして妹二人の5人家族です。
もう、かれこれ20年前になりますが、私が小学生の時に家族旅行に行った時の話です。
自宅(九州の田舎)から旅行の目的地までは高速道路や大きな国道が通っている為、普段はそちらを通るのですが、その時は父が今度する仕事の現場を見たいということで、遠回りになりますが、その現場を通る片側1車線のどこにでもあるような下道を行くことになりました。その下道には1ヶ所だけ車同士が離合出来ないような全長約300~400mのトンネルがあります。
とはいえ、あまり使用されていないことやトンネルの入口が見渡せることから、車がそれぞれの入口から2台進入してくることはありません。
そのトンネルに差し掛かった時に父が、「このトンネルは狭いから今隣に別のトンネルを作ってるんだよ。後、数ヵ月で完成かな?」と言いました。
確かにトンネルに入る前に、工事してたのをを見た様な気がするな…と思いましたが、あまり気に止めていませんでした。
その後、新しいトンネルは完成。
元々使用してない道路であるということと新しいトンネルが完成したことで、古い狭いトンネルの存在を思い出すことはなく、私は地元の大学に通う大学生になっていました。
そんな中、ある日、同級生の友達3人(仮にA、B、Cとします。)で独り暮らしのCの部屋で話していると、そのトンネルが話が不意に出ました。
A「なあ、今は使われていないけど、○○にある旧トンネルって知ってる?」
B「何それ?」
C「そこの道通ると、トンネル通るけど、そのトンネル?」
私「いや、旧トンネルだろ?俺たちが小学生の時に新しいトンネルが出来て、旧トンネルに続く道の入り口にはガードレールで車止めが出来ていて、車じゃ通れないよ!」
A「そうそう。あのトンネルを閉じて、新しいトンネルが出来た理由って知ってる?」
私「狭いからだろ?古かったし…」
A「それがさ、違う理由があるみたいなんだよ。」
B「何々?」
A「実はね、真夜中にそのトンネルを通った車がこんな時間に誰もいないだろうってことで、かなり飛ばして運転してたんだ。しかし、運悪くそのトンネルを歩いていた赤ちゃんを抱いた女の人がいて、避けきれず、そのまま………でも、その車は止まらずに逃げてしまって、その後そのトンネルにはその時間には出るらしいよ!」
C「おお…こえー。」
私「いや、おかしくね?」
B「何が?」

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

最後のセリフは?

寅さんさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード