少し普通にどこにでもあるお話です。








Aちゃんは、小学3年生の頃給食を食べるのがとても遅く、毎日最後まで1人食べていました。ある時、昼休みの時間にみんな遊びがあるため、早く給食を食べないといけませんでした。久々に、早く食べましたが、やっぱり最後でした。急いで牛乳を飲むと、牛乳パックを持って洗面所に行きました。
「急いで」
友達のBちゃんに言われ急いで牛乳パックを切ろうとしました。
「はさみがない」
はさみがなかったのです。その時は、深く考えずに自分のはさみを使いました。急いで外に向かうとみんな遊びは、始まっていました。
「遅かったかー」
AちゃんはBチームに入ってみんな遊びに参加しました。少し遊んでいると、凄い強風になりました。するとBちゃんの帽子が大時計の方へ飛んで行きました。ふと、大時計に目をやると、12時25分をさしていました。Aちゃんは、目が悪いのですが、大時計の長い針に何かがぶら下がっていました。よく見るとそれは、はさみでした。
「どうしてあんな所に?」
びっくりしてめをこらして見てもやっぱりありました。Bちゃんは、大時計の方に走っていきます
「Bちゃんストップ‼️」
けど大時計の方に走っていきます。時計の針が12時30分になればどうなるかみなさんもお分かりでしょう29分になりました。大時計の真下に行ったBちゃんは、帽子を取るとこちらに手を振っていました。
「何してるの早く!」
30分....はさみは、真っ逆さまに落ちました。
グサッ!
Aちゃんの予想は当たりました。




5年後中学校になったAちゃんは新しい友達Cちゃんとよく遊んでいました。Cちゃんは、Aちゃんより食べるのが遅く、いつも最後でした。久しぶりに外に行こうということで、Cちゃんは、頑張りました。
「頑張ってね」
Aちゃんはそう言うと、先に外に行きました。Cちゃんは10分ほどで、来ました。するとAちゃんの帽子が大時計の方へ飛んで行きました。Aちゃんは5年前の出来事を忘れていました。
「ちょっと取って来る」
Aちゃんは取りに行こうとするとCちゃんは、独り言のようにつぶやきました。
「今日はさみなかったんだよね」
私はふと大時計を見ました。

この怖い話はどうでしたか?

コメント

©︎komuさんの投稿(1)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード