これは私が高校生の時に体験した話です。
長くなるし、読みづらいかもしれないですが、ご了承下さい。

高校まではバスと電車で通ってて部活もしてたのもあって帰るのはいつも夜遅くでした。
夜遅くと言っても真夜中に帰る訳でも無いし、その日も特に急いで帰るとか思わずのんびり帰ってた。

バスを降りて家まで歩いている時
私の後ろでコツン…コツン…
とヒールの靴の音がした。
まぁ、同じバス停で降りる人ももちろんいるから気にせずに歩き続けた。
ただ、しばらく歩いていても私の後ろからコツン…コツン…コツン…コツン…
と足音は聞こえる。
離れた距離じゃなくて普通に後ろを
歩いてるような近い距離やった。

ちょっと不気味やな〜と思ったものの
私は霊感はまったく無いので
その時は幽霊とかじゃなく
(え…⁇まさか通り魔…⁉︎)
とかあれこれ考えてた。

もしそうならヤバイ‼︎なんか怖い‼︎
とりあえず反対側の道に行こうと思い、車も来てなかったんで道路を斜め横断した。
そしたらその足音もついて来る…
もう、この時心臓ドッキドッキでした。

自然と早歩きになり早く家に着きたいと思う反面、家まで着いて来たらどうしようと不安が出てきて…

もうアカン…戦おう(?)と思い
途中の道で思いっきり振り返った。
今じゃもうそんな勇気が無くて出来ひんけど、当時は必死やったんで…

そうしたら誰もおらん…足音も無い…
え⁇どうゆう事⁇振り返るまで
すぐ後ろで音してたのに…
めっちゃ怖くなってもの凄いスピードで
家まで全力で走った。

変に疲れたからご飯やお風呂もすぐに済ましてさっさと寝る事にした。
そうしたら金縛りにあった。
でも正直疲れてる時になる事もあったから早く解けろ〜くらいに考えてた。
ただ、その時は変な違和感があった。
足の先から頭の先まで何かこう…
ボワ〜ンとした感覚が無くなるような…どう説明したらいいのかわからんのですが、とりあえず変な感じがした。
ん⁇と思った時に私の頭を両手の指先だけで触られてるような感じがした。
指先で掴まれてる感じ…
そうしたら耳の横とかじゃなく
頭の中…脳内に響く感じで
最初は小さく、それからだんだん大きな声で【フフフフフフ…】って女の人の笑い声が頭の中いっぱいに響いた。

寝ぼけて自分が笑ってるのかと思えば
「う"ぅ"〜…」って唸ってる自分の声が聞こえた。

この怖い話はどうでしたか?

コメント

マルさんの投稿(1)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード