私がある山を下っていた時のことでした。時間帯はおよそ15時頃だったと思います。

山の下に広がる町がもう見えるところまで下りてきた時




「おい」



と後ろから男性の声がした気がしました。誰かに呼び止められたのかと思い、後ろを振り返りましたが、そこには誰もおらず、ただ草木が茂っているだけでした。

気のせいかと思い、下り始めると
また…



「おい」



という声が後ろからしました。もう一度振り返りましたが、誰もいません。いたずらされているのかもと思い、しばらくその場所で待っていましたが、やはり、誰も来ません。そして、また下り始めると…





「おい」



さっきよりも近くで後ろから声がした気がしました。怖くなって後ろも振り返らず足早に下り始めると





「おい」



すぐ後ろで声がしました。本当に寒気がして、もう夢中で山を下りました。



そして、やっと山を下りきることができました。振り返っても、やはり誰もいません。一安心していると







「おい」




すぐ横の木の陰から声がしました。おそるおそる横を向くと、木の陰から片方の目がこちらを見ていたのです。夢中で私はその場から離れました。

木の陰から目が見えた…というのは恐怖心から来た私の気のせいかもしれません。すいません。しかし、声は確かにしました。一体、それがなんだったのか、私には知る由もありませんが…

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

これ体験したら物凄く怖いですよね!

山で一人きりの出来事、凄く怖い!

尾端さんの投稿(5)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード